あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. スターバックスに教わるおいしいコーヒーの入れ方

更新日 2015/05/06

スターバックスに教わるおいしいコーヒーの入れ方

家でもおいしいコーヒーが飲みたい!そんなアナタにスターバックスが教える、おいしいコーヒーの入れ方のコツをご紹介しよう。

4つのキホン

コーヒー豆の量

180mlの水に対して大さじ2杯(10g)のコーヒーの粉がスターバックスのおすすめです。

お使いの器具にあわせた挽き具合で

コーヒーの粉が水に接する時間が長いほど、豆を粗く挽きます。正しく挽くことで最高の風味が引き出されます。

新鮮な水を正しい温度で

コーヒーの98%は水のため、味や匂いのない水を使うことが不可欠。
理想的なお湯の温度は90℃~96℃です。
できればカルキ臭等がないミネラルウォーターを使いたい。「ミネラル分の多い硬水は苦味が出たりトゲトゲしい味になってしまうので、軟水を使ってください」とのことだ。

鮮度を保つための工夫を

この記事に飽きたら…

風味を旬なまま楽しむには、コーヒーをいれる直前に豆を挽くのが理想的。
コーヒー豆は生鮮食料品。酸素・光・熱・湿気が最大の敵です。密閉容器に入れて冷暗所で保管し、1~2週間以内を目処に使い切りましょう。

コーヒープレスで入れてみる

1.コーヒープレスとマグカップに湯を注ぎ、温める。プランジャー部分もセットしておくことで、一緒に温めることができる。
2.コーヒープレスが温まったら湯を捨て、コーヒー粉を入れ、熱湯を注ぐ。粉全体に湯がいきわたるように注いでいくのがポイント。
3.スプーンで軽く混ぜる。湯と粉がまんべんなく混ざるようにする。
4.プランジャーで蓋をし、4分間置く。
5.4分経ったらプランジャーを下ろす。上澄みを少量捨ててからマグカップに注ぐ。
大切なのは"豆と湯がきっちりと接する"という点。まんべんなく湯を注いだり、スプーンで混ぜるのはそのためである。そうすることで、コーヒーの旨みをしっかりと抽出することができる。また、手順5で上澄みを捨てるのは表面に浮かんでいる粉を取り除く意味合いがある。

ペーパーフィルターで入れてみる

グルメのランキング 03/28更新

グルメのランキングをもっと見る

注目のまとめ