あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 電源をこまめに消すのはNG!?エアコンの電気代を節約する8つの方法

更新日 2016/06/09

電源をこまめに消すのはNG!?エアコンの電気代を節約する8つの方法

エアコンは、一般家庭で使われている家電の中でも消費電力量が最も大きいといわれています。冷房でかさむ夏の電気料金を少しでも節約できたら嬉しいものです。そこで、電気代を減らして簡単に省エネできる効果的なエアコンの使い方や、ちょっとした工夫をご紹介します。

エアコンは、一般家庭で使われている家電の中でも消費電力量が最も大きいといわれています。冷房でかさむ夏の電気料金を少しでも節約できたら嬉しいものです。そこで、電気代を減らして簡単に省エネできる効果的なエアコンの使い方や、ちょっとした工夫をご紹介します。

■ 工夫次第でエアコンの電気代は安くなる

エアコンをガンガンつけたいけど、そんなときに気になるのが電気代です。エアコンの電気代の節約は、みなさんが気になるポイントだと思います。

実はちょっとした工夫をすると、エアコンの電気代が下がったり、冷房効率が上がったり、良い事だらけになるのです。

1. エアコンのスイッチを入れる前に換気する

外出から帰ってサウナ状態になった部屋を冷やす場合、エアコンのスイッチを入れる前に、まずは窓を開けて部屋の熱気を外に逃がしてください。
これだけである程度室温は下がり、無駄な電力使用が避けられます。

運転を開始したら、今度は冷気を逃がさないよう窓は鍵までかけてしっかりと締めましょう。

2. 電源はつけっぱなしにする

この記事に飽きたら…

エアコンはこまめに消して運転時間を減らした方が節約になるような気がしますが、実は逆なのです。

こまめにエアコンを消したりつけたりすると、そのたびにエアコンは設定温度にするためにフル稼働しなければいけません。
それならばつけっぱなしにしておいた方がエアコンがフル稼働している時間が短いので省エネになる場合がほとんどです。

3. 風量設定を「自動」にする

運転モードは「自動」にするのが一番おトクです。

4. 風向きを「水平」にする

夏の冷房では風向きは水平運転がもっとも効率的です。

冷たい空気は下に溜まる性質がありますので、下に向けてしまうと足元だけが冷えてしまう結果になってしまいます。
エアコンの風を上に流すようにすると、冷たい空気がうまく部屋全体に循環します。

ライフスタイルのランキング 03/27更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ