あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 「いつも2番目の女」の4つの勘違い【不倫・浮気・遊ばれ女】

更新日 2015/08/05

「いつも2番目の女」の4つの勘違い【不倫・浮気・遊ばれ女】

なぜか既婚者とばかり付き合っている女性、本命彼女ではないと知りながら2番目の彼女として付き合って平気な女性、あなたの周りにもいませんか?可愛そうな立場なはずなのに、なぜかプライドも高かったり、2番目を繰り返す・・・。「2番目の女」が自信満々で繰り返すのは、4つの勘違いをしているようです。

あなたの周りにもいる?「いつも2番目の女」

2番目の女の勘違い1:いい男だから仕方がないと思っている

「二番目でもいい」と思うくらい相手の男の人に魅力がある場合じゃないでしょうか?

極端な話相手がジョニー・デップなら二番目でも三番目でもいいという人は
たくさんいると思います。
モテる男性は優秀な男性である、だから複数の女性で取り合うのは当たり前である、その場合2番目や3番目の地位であっても優秀な男性と付き合うことは価値がある、と思っている場合です。

確かに大金持ちの男性で妻や子供の他に、不倫相手やその子供の生活を支えられるくらいの収入を持っているなら、その男性と付き合う価値はあるのかもしれません。

動物的、本能的な感じでしょうか?よい遺伝子を獲得するためなら何番目の女でもありだよね、ということですね。

でもそんなの勘違い、もしくは自分に対する言い訳です。本当に優秀な男性、遺伝子を残すべき男性は、一人の女性、ひとつの家族に、愛情もお金も注ぎこめる人ではありませんか?

節操のない、愛情をあちこちに分散させる男性でいいのですか?不倫の言い訳でしかないのでは?よく考えてくださいね。

2番目の女の勘違い2:いつか一番になれると思っている

この記事に飽きたら…

わたしは最近二番目の女というものをしています。
最初は会えるだけで幸せだったし、いつか1番になれるんじゃないかって淡い期待をいだいていたけど、
最近は1番の女の人のことがすごく好きみたいで、わたしに冷たくなって、現実をみた気持ちです。
2番目のままでも嫌なのでこちらからあまり行動を起こすことなく待つことにしたのですが、彼も彼で他の女の子と遊ぶことが多く、彼女も彼女で他の男性と遊ぶようですがやはり別れる感じもなく… 彼らはもうすぐ3年を迎えるようなのですが、私はただの遊びだったのでしょうか。

2番目の女は1番になれないとおっしゃっていましたが本当になれないのでしょうか。
だいたい二番目の女をつくるような節操のない男の一番になりたいと思えますか?
どんなに複数の女性から好意を寄せられてもひとりの女を愛し抜くことができる男でなければ好意に値しないと思うんですよね

2番目の女の勘違い3:本命のより立場が上だと思っている

本命彼女は彼が浮気していると知らない。私は本命の次の女だと理解したうえで付き合っている。浮気がばれれば本命は彼を捨てるかもしれない。ということは私が関係をバラすことで、いつでも二人を別れさせることもできる立場にある。

本命彼女との仲を壊せる立場にあるということは、実権を握っているのは私である。という感じで、本命より立場が上のつもりでいることがあるようです。

本命より上だという優越感で生きているんです。もちろん実際は、本命との仲を壊す女なんて憎いだけですから、大人しくしているからこその2番目という立場なわけで、本命より上なわけがないのですが。

本当に立場が上だと思うなら、さっさと本命を蹴落として一番になり上がればいいのです。それができていないなら、それは自分自身に対する言い訳。不倫の言い訳にすぎません。

恋愛のランキング 04/28更新

恋愛のランキングをもっと見る

注目のまとめ