あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 類似システムまとめ【トラリピ、トライオートFX、ループイフダン、iサイクル注文、リピートトレール】

更新日 2016/10/24

類似システムまとめ【トラリピ、トライオートFX、ループイフダン、iサイクル注文、リピートトレール】

FXをやってる人は気付いてます。トラリピみたいな自動発注システムをここ数年よく見かけませんか?集めてみました。

▲FXの『連続発注機能』が急に増えた!▼

トラリピ ?トライオートFX? iサイクル注文?選び方が知りたい!数あるFX連続注文ツールの中からキチンとしたものを選びたいのですがたくさんあって判断基準がわかりません。どれも同じなのでしょうか?気まぐれで選んでも大丈夫?

FXをやっていると最近よく見かけます。「はじめに設定したら自動的にFX売買がされるシステム」。マネースクウェアがトラリピを始めて以来、いろいろなFX会社が同じようなサービスを打ち出し始めました。

2007年12月 トラップリピートイフダン マネースクウェア
2013年4月頃?システムトレード販売大手のトラリピEAが一斉販売停止
2013年10月頃? ループ・イフダン注文アイオネット証券
2013年12月 連続IFDOCO注文 ジャパンネット銀行
2013年12月 リピートトレール注文 YJFX
2014年3月 オートパイロット注文 インヴァスト証券
2014年9月 サイクル注文(※1)(※2) 外為オンライン
2014年10月 トラッキングトレード FXトレーディングシステムズ
2015年2月 連続注文機能 為替どっとコム
2015年4月 連続予約注文 マネーパートナーズ 
連続発注機能の先駆者であり、代表格と呼べるのはなんといっても、マネースクウェア・ジャパンの「トラリピ」だろう。2007年に登場してから今日まで、高い人気を誇っており、なかでも取引時間の限られたビジネスパーソンや主婦から支持を集めている。

▲各社の連続発注機能比較▼

本家『トラリピ』…マネースクウェア・ジャパン

マネースクウェアといえばコンサルティングの質の高さと『トラリピ』。特に「トラリピ」は特許取得済でリピート系の本家ともいえます。破綻する同業者も存在する一方で、急成長しているFX業者です。

この記事に飽きたら…

「トラリピ」は発注時に○○円で買ったら(売ったら)○○円で売る(買う)という設定をする、新規と決済がセットになった「イフダン注文」を繰り返すものです。この注文方法は「ループイフダン系」とも呼ばれますが、運営会社のマネースクウェア・ジャパン(M2J)が開発した「トラリピ」は独自の手法で平成22年1月に特許を取得しています
一定の値幅で複数の新規注文を同時に発注、その際、新規注文が約定すると有効になる決済注文も同時に発注し、なおかつそれを自動的に繰り返してくれるというもの。レンジ相場で特に威力を発揮する。

▼『iサイクル注文』…外為オンライン

外為オンラインは元々システム会社だったのが、金融業界のプロを入れることで心機一転、FX業界に参入してきた比較的新しめのFX業者です。システム関係のノウハウは強いようです。

特徴を見る限り「トラリピ」の手法にかなり似ていることがわかる
「はじめに簡単な設定さえしておけば、買いポジションで注文すれば自動的に下がったら買って、上がったら売る(売りポジションなら上がったら売り、下がったら買う)注文を出してくれるもので、自分ははじめの設定さえしておけば後は自動的に利益を出してくれるシステム」
「FXをやりたいけど忙しくて相場に張り付いていられないから取引ができない」「レンジだけ決めてあとは自動売買で利益を確定させてほしい」といった人にはとてもおすすめ

『ループイフダン』…アイネット証券

ライフスタイルのランキング 04/29更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ