あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 美人度アップ!顔型別♪似合うメガネの選び方
ギャザリーからの重要なお知らせ

247475 view

2 お気に入り

更新日 2015/08/31

美人度アップ!顔型別♪似合うメガネの選び方

オフィスでのクールビューティーを目指す方も、ファッションでメガネを楽しみたい方も♪ 自分の顔型にフィットしたメガネを選びましょう! 【丸顔】★【面長】★【ベース型】★【肌の色】

丸顔

丸顔タイプの方におすすめのフレームは、「上下幅の狭いもの」「直線的なラインのもの」「ハーフリム、またはフチナシタイプ」「濃い色(収縮効果)」といったものがあります。
丸顔をほっそりと見せたいなら、下の縁が無いハーフリム(ナイロール)フレームか、天地(メガネレンズの上下の幅)の狭いフレームを選ぶのがオススメです。
直線ラインを含むフレームや角のあるフレームにすることで、顔のシャープさを出すことが可能です。

天地の狭いメガネ

直線ラインを含むフレームや角のあるフレームにすることで、顔のシャープさを出すことが可能です。スクエアタイプのメガネフレームもシャープで知的な印象と共に、丸顔の方は、大人っぽい印象も与えることが出来るでしょう。

スクエアタイプ

スクエアタイプと同様に角ばっているフォックスタイプと呼ばれるメガネフレームも、丸顔の方をすっきりとした印象にしてくれます。

フォックスタイプ

また、セルフレームなどのラインの太いフレームの場合はカジュアルなイメージに、チタンなどラインの細いメタルフレームの場合は実直で知的なイメージになります。

【丸顔】女優のメガネ画像

細めのフレームにすると、顔が引き締まります。

面長顔

面長の顔の方には、天地の幅が広いメガネフレームや、あまり見かけないタイプではありますが下にだけリムがある、アンダーリム(逆ナイロール)タイプのメガネフレームが効果的です。

天地の狭すぎないフレーム

アンダーリムタイプ

この記事に飽きたら…

ウェリントンタイプ

ウェリントンタイプ(広めの逆台形)といえば、ハリウッド俳優のジョニー・デップも愛用していることでも有名なメガネです。

フレームの形を選ぶだけでなく、顔とフレームの大きさのバランスも考えることで更に良い印象を与えることができます。概して、顔の横幅の9割程度の大きさのものを選ぶと、バランスが良く見えるのでオススメです。

【面長】女優のメガネ画像

縦に大き目のフレームがポイント。

四角顔(ベース型)

ホームベース型には縦幅が広めでフレームの太いオーバル型がオススメです。ウェリントン型でも丸くて縦幅があれば大丈夫。
逆にスクエア型のフレームは四角さが強調されてしまいます。

丸いフォルムを選ぶのがポイント。

オーバル型メガネ

丸型ウェリントン メガネ

【ベース型】女優のメガネ画像

オーバル型の丸いフォルムが優しく印象付けます。

フレームだけじゃなく、色選びも重要!

あなたのカラータイプを知るには、まず、持って生まれた肌の色味を知ることです。 自然光の下で、鏡に映る素顔を観察してみましょう。

肌・目・唇・頬・髪の色の中に、
黄味を多く感じたあなたは、暖色系タイプです。
青味を多く感じたあなたは、寒色系タイプです。

もっと簡単な診断方法は、手のひらや、甲を見てみることです。 ただし、かならず自然光で見てください。 それと、手のひらや甲は比較的日光にさらされていることが多く日焼けしている場合もあります。

そんなときは、少し、袖元をめくって、内側の腕の部分をみるといいでしょう。 手の甲や、ひら、腕の内側の色味が、黄~オレンジ系ならば「暖色系タイプ」、紫~ピンク系ならば「寒色系タイプ」です。

ファッションのランキング 05/28更新

ファッションのランキングをもっと見る

注目のまとめ