あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 知る人ぞ知る、京都ちょっと通なおみやげ

16674 view

2 お気に入り

更新日 2016/01/18

知る人ぞ知る、京都ちょっと通なおみやげ

京都のお土産ゆうたら、八つ橋?そばぼうろ??それともお茶どすか???そんな『ど定番』のお土産もよろしいけど、こんなお土産を買ぉて帰らはったら、『京都通』っぽいんとちがいますやろか。。。。

★いづうの鯖寿司

京都で鯖寿司といったらここどすな。
鯖やご飯のお酢の具合といい押し具合といい、
さすが創業天明元年、200年以上の歴史は伊達やおまへん。
どこに出しても恥ずかしゅうない逸品どす。

★ヤオイソのフルーツサンド

このフルーツサンドはもろーた人のテンションが上がること間違いあらへんえ。
持って帰ったらすぐに食べんとあかんけど、
パンはふわふわ、フルーツは新鮮、
ほんまにおいしおす。




帰ってすぐに食べるんやったら、こんなのもどうどすやろ?

★はふうのカツサンド

分厚いお肉を噛み切る時の程よい抵抗感がなんともいえやしまへん。
贅沢なサンドイッチどす。
あ、写真は3きれで1900円のどすけど、3きれ5000円のもあるんえ。
思い切って奮発してみはったらどうどす??

この記事に飽きたら…




お食事系ばかりつづいたさかい、お菓子の方もご紹介せーへんとあきまへんなあ。

★京都くりやの金の実

大きな栗の実をそのまま蜜に付けた和菓子版マロングラッセていうとこやろか。
天皇陛下もお買い上げになったという由緒正しきお品どすえ。

 京都くりや
    075-231-4564
    京都府京都市中京区堀川丸太通油小路西入ル大文字町42-4
    平日8:00~20:00  日祝10:00~3:00
    元旦のみ休み

 京都府南丹市にある『くりや』から明治時代にのれん分けをされたお店どす。




栗、言うたら、ここのもありましたなあ。
こっちの栗は庶民派どすぇ。

★林万昌堂の完熟大甘栗

甘栗言うて、バカにしたらあきまへん。
そんなものにも創業140年の老舗が存在するのが京都どす。
どうどす? この色つや!
これ食べたらほかのんは食べられしまへんぇ。
小さいパックもあるさかいにお土産に配るのによろしいやろ??



女の方には、こんなかわいらしい和菓子もありますえ。

旅行・おでかけのランキング 04/24更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ