あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 結婚もできる?引き寄せの法則!恋愛で特定の人から好かれるやり方

更新日 2015/12/12

結婚もできる?引き寄せの法則!恋愛で特定の人から好かれるやり方

潜在意識を利用して、恋愛で特定の人から好かれる方法をまとめます。引き寄せの法則で結婚した人もいるみたいですので、必見かもしれません。

そもそも引き寄せの法則ってなに?

「引き寄せの法則」とは、

「それ自身に似たものを引き寄せる」ということ。

あなたの「思考」や「感情」にはつねに「引き寄せの法則」が働いて磁石のように似たものが引き寄せられ、実際の「経験」となっている。

朝、気分よく目覚めるとその日は一日楽しく、嫌な気分でいるとその日はいろいろな面でろくなことがない。
何か楽しいことを考えると法則によって同じように楽しい思考が沸き起こり、不快なことを考えると次々と不快な考えがふくらんでしまう。

それが、「引き寄せの法則」である。

望んでいようが望んでいまいが、考えていることが現実になってしまうというのが、引き寄せの法則のようです。

そういえば、マザーテレサの言葉を思い出します。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

良いことも、悪いことも、自分が引き寄せてしまった結果ということですね。

では、この引き寄せの法則を使って特定の人(好きな人)との恋愛を成就させるにはどうすればよいのでしょうか?

「幸せなあなた」をイメージしましょう

そもそも、「引き寄せる」というのは、あなたにとって何か理想的なことをイメージすることで、それを現実にする、近づけるという、イメージング方法のひとつです。お金を招き寄せたいとき、誰か恋人がほしいな……なんていうとき、自分のその姿をイメージするのです。

特定の人を引き寄せたい、両思いになりたい!というときには、両思いになって幸せなあなたを強くイメージします。イメージとは、想像です!両思いになったら何をしますか?デートに行きますよね。手を繋いだり、一緒に映画や、買い物に行くかもしれません。

特定の人を引き寄せる第一歩は、幸せなあなた自身をイメージすること。自分は幸せな女性である、というイメージを持ちましょう。それが第一のコツ!でも、注意点もあります。どんなことに注意したら良いでしょうか?

この記事に飽きたら…

幸せな自分を、強くイメージすることが大事なようです。

具体的なイメージングのやり方は、以下を参照にしてください。

有名なイメージングの例

レモンを想像してみましょう。目の前にあるまな板の上に、新鮮なレモンが置いてあります。少し固くてザラザラした触感、手を嗅ぐと爽やかな香りがします。手元にある包丁でそのレモンを半分にしてみると、果汁が溢れてきて柑橘系の香りが広がります。それを一気に頬張ってみると…。

さあ、どうでしょうか。ここまで鮮明にイメージすると、よだれが出てきたのではないでしょうか。『引き寄せの法則』におけるイメージングは、我に返った時に「あれ!?」となるくらいのリアルさが求められます。

そして、負の側面をイメージするのではなく、「幸せな自分」をイメージすることが重要なようです。

まずは、今ある幸せに感謝してみるのも良いかもしれません。

まずは自分が既に持っている幸せを見つけ、幸せな気持ちになることからスタートしましょう。

・そばに居てくれる恋人がいる
・一日中考えていられる好きな人がいる
・色々な場所に付き合ってくれる友だちがいる など

自分の幸せな部分にフォーカスすることで、それ以上の幸せを引き寄せられるようになっていきます。

次に。
意外なことに、恋愛するパートナーのイメージは強く持たない方が良いのだとか。

「特定の人」ではなく、「彼みたいな人」をイメージしましょう

折角、デートのイメージ、幸せにしているイメージを持つのなら、その相手はあなたが心に思っている、特定の人で想像したい……いや、しちゃう!

お気持ちは良くわかるのですが、実はこれがNG行動。あまり具体的に、特定の人をイメージ「しないこと」!これが第二の重要なコツなんです。

「〇〇さんとデートして、幸せになって……」ではなくて、「こんな髪型、こんな背格好のすてきな男性と……」というイメージを持ちましょう。何なら、顔以外は彼の姿で、顔面だけは頭の中でハテナマークをつけておいてもいいのです。

えー、そんなことで特定の人と両思いになれるの?と思うかも知れませんが、ちょっと考えてみてください。あなたの周囲に、お顔以外は彼とそっくり!という人はいるでしょうか?そうそう、いませんよね。

つまり、あまり具体性がないと思われるイメージングでも、実際には対象が限定され、しっかりと特定の人を指すことができるというわけなんです。
×年収600万以上の男性と結婚する。
○相手に条件は付けない。理想の結婚生活を送っている自分をイメージして、その状態になりきる。合う人ごとに「この人は自分の求めていた人か」と考えたりせず、「一緒に楽しく過ごそう」と考える。

これは意外でした。

「特定の人」を望みすぎてしまうと、良い縁を見逃すことになるのかもしれませんね。


次に、「相手を変えよう」と思わないことも大切なようです。

恋愛のランキング 03/25更新

恋愛のランキングをもっと見る

注目のまとめ