あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 人気急上昇!”テラリウム”をインテリアに取り入れよう

2322 view

1 お気に入り

更新日 2017/02/05

人気急上昇!”テラリウム”をインテリアに取り入れよう

ここ数年で人気急上昇中の「テラリウム」をご存知ですか?近年の観葉植物ブームもあり雑貨屋やインテリアショップでもよく目にするテラリウム。実は簡単に自作することもできるんです♪

「テラリウム」って何?

テラリウム (Terrarium) とは陸上の生物(主に植物や小動物)をガラス容器などで飼育・栽培する技術である。 現代でも園芸の一スタイルとして、陸上動物の飼育ケージとして、多くの園館や研究者、アマチュア愛好家によって製作されている。

通常では密閉容器の中に植物などを配置することをテラリウムと呼ぶようですが、一部が開いた容器や、容器そのものをテラリウムと呼ぶことも一般的なようです。温室のイメージで、サボテンなど熱帯地域の植物を密閉しているものを見かけることが多いですよね。

色付きの砂や貝殻などは100円ショップでも簡単に手に入ります。部屋にこんなコーナーがあったら、目に入る度に南国ムードで癒されますね♪場所も取らず、サボテン等であればそれほど日当たりを気にしなくてもOK。玄関やお手洗いのちょっとしたスペース飾っても。

テラリウム作りに必要なもの

*植物(サボテン、多肉植物がおすすめ)
*ガラス製の容器
*鉢底用の石、砂利
*土(ハイドロボール、赤玉土でもOK)
*割り箸や細長いピンセット、楊枝など
(サボテンを配置する際にはトゲに注意)

この記事に飽きたら…

ガラス容器は日光がとおるように透明なものを選んでください。フタ付きが好ましいですが、フタのない容器に植えてもテラリウムと呼んでいいようです。

瓶の中は空気がこもりがちになるので、根腐れ防止剤は使った方がいいです。ただし苔を植える場合は、なくても問題ありません。土は排水性がいいものを選びます。植物の性質にあわせて、乾燥した場所を好む植物には砂質用土、湿った場所を好む植物には腐葉土やミズゴケを加えて調整します。ハイドロボールや赤玉土を使う場合はそのまま混ぜずに使います。

ガラスが透明なので、鉢底石、墨、土が層となってキレイな縞模様が見えます。この縞もテラリウムの印象を左右するので、色や層の厚みなど見た目にもこだわってみてください。

いろいろな容器で楽しもう!

テラリウムは今では知名度も高くなっているので、インテリアショップ等では専門の容器を揃えているところも多いです。↑の丸いガラス容器は100円ショップでも手に入りますよ♪初心者なら最初は専用の道具、キットからスタートしてみると安心ですね。

RT 部屋の電球が切れたので、苔とか砂とかピンセットで突っ込んで電球テラリウムとやらを作りやした。楽しい(笑)早く次の電球切れろ。 http://t.co/rDqmgrGwQn

雑貨屋やインテリアショップで必ずといっていいほど見かけるようになったテラリウムグリーン。ひとつ部屋にあると一気にお洒落感が出ます。植物なので目に入る度に癒されますよね。完成されている物を購入しても良いですが、自作すれば思い通りのイメージになり、より愛着もわくもの。気軽に取り入れて”グリーンのある生活”を始めてみませんか?

ライフスタイルのランキング 04/26更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ