あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 4ページ目
このページはマスコミの「報道しない自由」や「偏向報道」に操られないためにの4ページ目です。
最初から表示するにはこちら

更新日 2016/05/21

マスコミの「報道しない自由」や「偏向報道」に操られないために

マスコミでは、外国や一部勢力による印象操作が日常的に行われています。鵜呑みせずに疑問の目でマスコミの報道を見れば、誰でも偏向だらけなのに気づくことでしょう。善意の人々を扇動しようと工作する者たちがいます。彼らに操られないための道しるべになりますように。

●偏りが多く自分達に都合の悪い事は報道しない。韓国系とか。
●犯罪被害者に対する配慮が皆無。不愉快極まりない。
●報道の自由の意味を勘違いしてると思う。
●番組を見ればおかしいのは明白。
●芸能人の妊娠情報や、離婚報道いらない。
●情報操作されている気がして信じられない。
●増税やむなしの洗脳報道をし続けたのはマスコミ各社です。
●マスコミは一般市民ではなくスポンサーの為に仕事している。
●日本人による犯罪は増えてるの? 通名報道やめて!
●おかしい通り越して壊れてる。

NewsCafeの「アリ・ナシ」コーナーの「今のマスコミはかなりおかしいと思う?」というアンケート調査。97パーセントが「アリ」。ついたコメントが上のもの。
>おかしい通り越して壊れてる。
これはマスコミを動かしている者たちが壊れているということ。
多くの人が「おかしい」と感じているのが救いですね。

■「報道しない自由」を行使されてもメディアを批判する勇者

北村晴男/金美齢/櫻井よしこ/手島龍一/麻生太郎
マスコミに彼、彼女たちが主張できる場は少なく、マイナスイメージにされたり、まったく取り上げないマスコミがあることにお気づきですか。
主張の内容への賛否の以前に、マスコミが彼、彼女たちに議論の場を提供したがらないのは、印象操作のためだと疑われても仕方がないでしょう。
しかし、マスコミが報道しない情報は、いまやネットを探せばあふれています。自分の世界観は自分で調べて考えられる時代になったのは幸いです。

■公平性・中立性を忘れた報道

古館キャスターの「報道ステーション」というニュース番組、ヘンだと思いませんか?
なんか、いつ見ても、言うことが、ヘン。
きのう(11月13日)の放送でも、「私は、消費税値上げは反対です」と述べている。
これって、まさに今の政治の大問題じゃないですか! 「政治的公平性、中立性を守る」というニュース報道の基本を、まったく無視している。これまでも、いつ見ても、こんなふうだった。こんな報道番組、許されてよいのか。
今、思い出したが、関口宏のニュース番組も、同様だ。
言葉巧みに、視聴者を特定の方向に誘導しようとする意図が、見え見えだ。古館にも、関口にも、政治的偏向が、はっきり感じられる。こんな番組、まさに「ほっとけない!」
ほんとにほんとに、日本のマスコミ、このままでは、いけない。

これが、ごく普通の人の感覚だと思います。しかし、番組を見ている人たちのなかには、こうした疑問を感じないらしく、ただ聴いたままを鵜呑みにする方もいます。報道が負っている公平中立性をなし崩しにしていく先には、言論の自由を抑圧する勢力の跋扈が待っているとしか思えないのですが。

■「報道しない自由」の背景

この記事に飽きたら…

このサイトの作者は、「報道しない自由」を若い人に知ってもらおうとしています。
①「マスコミは世論を自社やそのスポンサーなどに都合よく誘導するために内容を捻じ曲げて伝えることもあれば、時には無かったことまで有ったことにしたりなんかもする」→②「マスコミは大きな批判を受けるリスクを避けるために、批判のすくない『報道しない自由』を駆使して世論誘導を狙っている」 という解説は、非常にわかりやすいです。

報道しない自由のさいたるものがこれ。犯罪者の国籍をマスコミが隠すのは、「日本人になら何をしても罪にならない」的な侮日教育をしている特定国の根本問題を隠ぺいし、日本人被害者の人権をないがしろにする行為です。また、こうした報道姿勢は特定国出身者を擁護しているようにみえて、実は日本と特定国の関係を嘘でぬりかため、真の交流を不可能にするものです。真実を報道し、反発があっても、時間がかかっても、特定国の侮日教育という根本的な問題に目を向けなければ、何も問題は解決せず、いずれ東アジアに大きな禍がもたらされるでしょう。

百田尚樹氏の「沖縄の新聞をつぶせ」という発言がマスコミの総攻撃を浴びていましたが、実は百田氏は沖縄の新聞の話の前に「地上波の既得権」を問題にしていました。数十局を増やせる電波帯があるにもかかわらずそれを許そうとしない既存の放送局を批判する内容。
ところが、どの放送局も「地上波の既得権」のことは放送せず、沖縄新聞に関する発言しか報道しないのです。自分たちに都合の悪いことは放送しない露骨さがおそろしいですね。

ちょっと読み応えがありますが、マスコミの内実が垣間見えるのがいいと思います。まるで報道しない自由・偏向報道の生い立ちが語られているようです(笑)。

ライフスタイルのランキング 04/29更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ