あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. ”くるりんぱ”のヘアアレンジがダサくなってしまう3つのパターン!

更新日 2016/09/27

”くるりんぱ”のヘアアレンジがダサくなってしまう3つのパターン!

簡単にできるヘアアレンジとして定着している”くるりんぱ”ですが、・・街なかで「え?あの人のくるりんぱなんかダサい・・」なんて思っちゃったことありませんか?筆者はありました。なぜ”ダサく”見えてしまうのか分析したので、くるりんぱ愛用女子に気をつけて欲しい3つのポイントをお伝えします。

簡単にできて大人気の”くるりんぱ”ですが

トレンドを意識したハズが……なんか彼氏や友達ウケがイマイチ。「どこを外しちゃったんだろ?」と思うときがありませんか?

1.太いor目立つゴムを使うのはNG!!

ゴム選びも大切です!こんな太くて目立つゴムでしても可愛くなりません!!

また、太いゴムを使うと結び目が目立ってしまい、ゴムが丸見えになりがちです。くるりんぱをするときは細めのゴムか小さなシリコンゴムを使うようにしましょう♪

こんな細めの黒い(髪と同じ色の)ゴムがベストです♪なるべく自分の髪色に近く、目立ちにくいものを選ぶのが可愛く見せるポイントです♪

2.ボリューム不足はNG!!きつく結んですぐ”くるりんぱ”してませんか?

きつく結んだままで、“ほぐさない”ことがあか抜けないヘアスタイルに

普段のポニーテールなどのまとめ髪のようにぴったりと結んでしまうのはNGです。髪を結んだ後に少し下にずらすことが大切なんです。そうすることによってくるりんぱもやりやすくなり、ラフな雰囲気がこなれ感を演出することになります♡

この記事に飽きたら…

くるりんぱしただけでは、きちんと感が出過ぎていてあか抜けない印象になってしまいます。ねじった部分からランダムに髪の毛を引き出すことが大切です。このとき、思い切って髪を引き出してあげることでラフな印象になるのでおすすめです。

仕上げにトップや根元のあたりから少しずつ毛束を取り出してラフな抜け感を出しましょう♪

3.本当に“くるりんぱしただけ”で終わっている

ゴムも丸見えで貧相な仕上がり

輪ゴムみたいなゴム見えてる・・くるんと通すだけで終わるとゴムが下の方に目立って少しダサく見えてしまいます。

実は結び目の上にくるっと毛束を通すだけではダメで、通した後に毛束をキュッと左右に引っ張ることが大切なんです。この一手間でゴムが見えにくくなりおしゃれに見えますよ!

"くるりんぱと通した後に毛束をキュッと左右に引っ張る”が、ゆるく可愛くなるポイントです♪

いかがでしたか?

くるりんぱがもっとお洒落に作れるポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?こなれ感のあるくるりんぱヘアーを作って、周りと差をつけちゃいましょう♡

美容のランキング 04/28更新

美容のランキングをもっと見る

注目のまとめ