あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【2016年度版】年会費無料のクレジットカード一覧&比較
ギャザリーからの重要なお知らせ

更新日 2016/05/18

【2016年度版】年会費無料のクレジットカード一覧&比較

2016年度版の年会費が無料クレジットカードをピックアップしました。どのカードも特徴があり、使用する人のライフスタイル次第では大幅にお得になる可能性があります。自身のライフスタイルに合ったカードを所持し、生活を豊かにしましょう!

Yahoo! JAPANカード

2015年4月に新登場しましたカード。
Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率1%、Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピングで付与される1%と合計3%)で「Tポイント」が貯まります。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%にもなります。
「Tカード」機能も搭載しています。

まず申込みから発行までの早さに驚きます。
申込みページも見やすくカンタンで安心。
カードの到着も早く、とても好感が持てますね。

Yahooのトップページから直接利用状況など確認できるのも素晴らしい。
Tポイントの移行も一瞬で完結。

カードも種類を選べるし、質感も良い。
公式サイトへ

OricoCard THE POINT

年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率がぽ歩ポイント還元率1.0%の高還元カード。
「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5~15%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベルです。
また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができ、ポイントの使い勝手良しです。

ポイント高還元率カードの代表格として、還元率1.5%以上のリクルートカードプラス(2016年3月受付中止)やREX CARDがありますが、これらはサービスの改悪や、年会費が2,000円以上かかってしまうなどデメリット面も目立ちます。一方オリコカードザポイントは年会費無料(本人会員、家族会員、ETCカードいずれも無料)で使えるのでクレジットカードを持つことでコストをかけたくないユーザーから高い評価を得ています。
公式サイトへ

この記事に飽きたら…

イオンカードセレクト

一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリットです。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍になる特典もあります。「イオンカード」保有者は切り替えした方が得になる可能性が高いです。

【優遇サービス】毎月割引ハガキがとどきます。カードを提示することで特典がもらえるケースなどAEONユーザーにはメリットがあります。
ただ、銀行機能をつけたことで他行に比べて金利は高いし、24時間
時間外手数料かからないのでAEON銀行をメインバンクにしてるのが一番。
公式サイトへ

エポスカード

マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになります。
また、年会費無料ながら、海外旅行傷害保険が自動付帯(最高500万円)のほか、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実してます。
「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料でゴールドカードが保有できます。

クレジットカードといえば口座引き落としが一般的なのでずっと敬遠してました。ですが、エポスカードは口座登録しなくてもATMで振り込めると聞いていざ申し込んでみました。
現金でいくら払ったのかを知りたい、だけど丸井のポイントも貯めたい...そんなわがままを叶えてくれる私に最適のカードです。
学生さんは特に収支が分からないとやり繰りが大変だと思いますので、現金を振り込む決済方法は初めて持つには最適です。
公式サイトへ

ライフスタイルのランキング 05/29更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ