あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【徳島】幸運を呼んでくると評判のパワースポット

更新日 2017/02/11

【徳島】幸運を呼んでくると評判のパワースポット

金運、健康運、そして恋愛運!それらに効くと言われている徳島県のパワースポットを厳選しました。 何かでお悩みの方、新しい門出を迎える方は是非行ってみてください!

パワースポットとは、聖地・氣場などとも言われ、生命や活動の源となるエネルギーが集中している場所のことであるとされています。
風水などでは龍穴などと言うこともあります。太古の昔より、地球上にはエネルギーの集まる場所があり、人々はそれを敏感に感じ取り、特別な場所としてきました。日本では、多くの神宮や大きな神社・仏閣は、ほぼ確実にエネルギーの高い場所、いわゆるパワースポット上に存在していますパワースポット巡りが神社巡りに近い感じになるのはこの為です。

大麻比古神社(阿波國一之宮)

大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)は、徳島県鳴門市にある神社である。式内社(名神大)、阿波国一宮で、旧社格は国幣中社。主祭神は主祭神の大麻比古神は天太玉命(あめのふとだまのみこと)のこととされる。

「大麻さん」と呼ばれ、阿波国・淡路国両国の総鎮守として、現在は徳島県の総鎮守として信仰を集める。

境内を流れる板東谷川に架かる石橋のアーチ橋・ドイツ橋がある。第一次世界大戦の捕虜として収監されたドイツ人達によって造られた。徳島県文化財史跡指定・日本百名橋・とくしま88景選定。これとは別に、ドイツ人捕虜が造成した池もあり、この池にも捕虜の建造した小さな石造りの2連アーチ橋がかかっており、「めがね橋」と呼ばれている。

楠の御神木がパワースポットと言われている。樹齢千年余で、幹周り8.3m、樹高22m。鳴門市指定の天然記念物である。

剣山(剣山本宮宝蔵石神社)

剣山(つるぎさん)は、四国に位置する標高1,955mの山で、近畿以西の西日本および四国第二の高峰であり、徳島県の最高峰である。日本百名山の一つ。別名太郎笈(たろうぎゅう)と呼ばれ、南西側の次郎笈と対峙する。

剣山には「失われたアークが隠されている」「邪馬台国は徳島にあった」等の俗説がある。

頂上には剣山本宮宝蔵石神社があり、巨大な磐座「宝蔵石」が祀られている。

大歩危

この記事に飽きたら…

大歩危(おおぼけ)は、吉野川中流域に位置する渓谷(先行谷)。吉野川西岸の徳島県三好市山城町西宇地区の歩危茶屋付近から高知県長岡郡大豊町大久保地区の一部までと、その対岸となる徳島県三好市西祖谷山村の一部を指す総称でもある。峡谷そのものを指す場合は大歩危峡(おおぼけきょう)と呼ばれることが多い。

夏季には多くのラフティング・カヤック愛好者を集めるほか、百年以上の歴史がある大歩危峡遊覧船で知られている。数km下流の小歩危(こぼけ)と共に、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)として一括りにされることが多い。剣山国定公園に含まれている。

大滝山西照神社

西照神社(にしてるじんじゃ)は、徳島県美馬市にある神社。式内小社。祭神は主神が月読尊、配神が田寸津姫命、田心姫命、市杵島姫命。徳島県美馬市と香川県高松市の境に位置する大滝山山頂(946m)にある。

西照神社には、天保14年(1843年)に奉納された狛犬がある。ある夏の夜、ここを通りかかった母子に狼に追われて神社の祠に逃げ込んだ。狼がこの母子に襲いかかろうとしたところを、この狛犬が狼を撃退したという伝説が残っている

葛城神社

葛城神社は、徳島県鳴門市の神社。御祭神は葛城一言主神(ひとことぬしのかみ)、別称言離神(ことさかのかみ)。毎年11月5日に行われる秋季大祭では、350年の伝統をもつ大名行列の「おねり」と御輿(みこし)が繰り出される。境内には「包丁塚」「メガネ塚」などもあり、眼病に効くといわれる、御神水が湧いている。

薬王寺(美波町)

旅行・おでかけのランキング 04/29更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ