あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【群馬】幸運を呼んでくると評判のパワースポット

133378 view

2 お気に入り

更新日 2017/02/11

【群馬】幸運を呼んでくると評判のパワースポット

金運、健康運、そして恋愛運!それらに効くと言われている群馬県のパワースポットを厳選しました。 何かでお悩みの方、新しい門出を迎える方は是非行ってみてください!

パワースポットとは、聖地・氣場などとも言われ、生命や活動の源となるエネルギーが集中している場所のことであるとされています。
風水などでは龍穴などと言うこともあります。太古の昔より、地球上にはエネルギーの集まる場所があり、人々はそれを敏感に感じ取り、特別な場所としてきました。日本では、多くの神宮や大きな神社・仏閣は、ほぼ確実にエネルギーの高い場所、いわゆるパワースポット上に存在していますパワースポット巡りが神社巡りに近い感じになるのはこの為です。

榛名神社

榛名神社(はるなじんじゃ)は、群馬県高崎市(旧群馬郡榛名町)にある神社である。式内社で、旧社格は県社。上野国六宮とされる。

赤城山・妙義山と共に上毛三山の一つとされる榛名山の神を祀る神社で、現在の主祭神は火の神・火産霊神と土の神・埴山姫神である。水分神・高靇神・闇靇神・大山祇神・大物主神・木花開耶姫神を合せ祀る。

中世以降は「満行権現」と称され、「元湯彦命」が祭神とされていた。『榛名山志』には東殿・饒速日尊、中殿・元湯彦命、西殿・熟真道命と記されている。明治元年に現在の二柱に改められた。

鎌倉時代、榛名山御師の活動により榛名神社の信仰が広められた。やがて榛名宮は建長七年(1255年)沼田郷鎮守と崇められ、正応三年(1290年)鐘が鋳造され奉納されたという記録がある。また永仁六年(1298年)、上野国神名帳に寶高大明神(武尊様)、薄根大明神(天神様)の名がみえまた、一書には武尊様は九世紀、ホタカ山から御神体として石を持ってきて現在の沼田公園内にお祀りしたとある。

水沢観音(水澤観音)

水沢寺は、群馬県渋川市の寺院。創建は推古天皇の時代(592~628)、上野国司高光中将が恵潅僧正を招いて開山し自らの菩提所としたのが始まりと伝えられる。

阪東三十三観音の第十六番霊場で、一般には水沢観音の名で親しまれている。

子宝の湯で有名な伊香保の温泉街から3kmほどで、江戸時代から伊香保温泉の湯治客や札所巡りの巡礼者が盛んに訪れた。

境内には、江戸時代から作られていた「水沢うどん」を売る店が軒を連ね、「日本三大うどん」に数えられている。

龍王辨財天と飯縄大権現がパワースポットと言われている。

妙義神社(富岡妙義神社)

この記事に飽きたら…

妙義神社は群馬県富岡市の神社。上毛三山の一つである妙義山の東麓に鎮座し、妙義山信仰の中心となっている神社である。

創建は、宣化天皇2年(537年)と伝わる。現在の社殿は、宝暦年間(1751年 - 1764年)の改修によるものである。 古くは波己曽神社(はこそ - )といい、『日本三代実録』に記載がある。

近年は、たびたび大河ドラマのロケ地として使用されている。2005年の「義経」における鞍馬寺、2009年の「天地人」における雲洞庵のシーン撮影は、当社で行われた。

石段の手前にある樹齢500年の大杉3本に囲まれた三角形の空間がパワースポットだという。

赤城神社(前橋市富士見町)

赤城神社(あかぎじんじゃ)は、群馬県前橋市富士見町赤城山にある神社。赤城神社の元宮(山宮)を主張しているが結論は出ていない。

赤城山は、古来神住む山として神格化され信仰されてきた。自然崇拝・山岳信仰は原始信仰に端を発する信仰である。赤城山・赤城湖は「赤城大明神」として信仰されてきた。

古代の信仰は、神社といった施設を持たずに、臨時の祭場に依代を設け、神を招び祭事が執り行われていた。赤城山周辺住居村落には、こういった祭場が点在していたと考えられる。

貫前神社(一之宮貫前神社)

一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)は群馬県富岡市一ノ宮にある神社。

上野国の一の宮で、1400年の歴史を持ち、総門から石段を下ったところにある極彩色の社殿は、徳川家光の命によって建てられたもの。本殿に行くには階段を下るという珍しい構造をしている。本殿の裏には、藤原秀郷が平将門討伐の際に勝利を願って奉納したと言われる樹齢1200年の「藤太杉」がある。

達磨寺(少林山達磨寺)

旅行・おでかけのランキング 04/29更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ