あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. クラスに2,3人もいる?もはや他人事ではない発達障害の特徴

画像出典:http://p.twpl.jp/show/large/3qzdM

11523 view

1 お気に入り

更新日 2016/11/07

クラスに2,3人もいる?もはや他人事ではない発達障害の特徴

ここ近年社会的認知が高まりましたが、まだまだ理解と支援が足りてない発達障害。どうしても普通の人並みに働けないという悩みを持ちながら、うつ病などの二次障害に苦しんでる方もたくさんいらっしゃいます。彼ら/彼女らの「生きづらさ」を社会がもっと目を向けてあげることが課題です。

発達障害とは?

最近非常によく聞く言葉「発達障害」とはどのようなものなのでしょうか?

発達障害は医学的には脳機能障害の一種であり、発達障害の人は他の人とコミュニケーションをとったり、普通に社会生活を送ることに困難を感じる場合があります。 発達障害についてまとめると以下のようになります。
先天的な特性である

生まれつきの脳の機能に障害があるため、親のしつけの問題ではありません

治すことはできないが、症状を緩和させることは出来る

「病気」ではなく「障害」であるため、治すことはできません。
ただ、改善することはできます。

100人に数人の割合で生じる (人口比で1~11%など様々な分析blank が有ります)

クラスに2~3人の割合でいるとされ、珍しい障害ではありません。

多くの場合、知的障害を伴わない (ADHD、アスペルガー症候群、広汎性発達障害など)

学習能力は問題がないため、難関大学や難関資格に合格する人もいます。

ADHD(注意欠陥性多動障害)

特長には不注意(集中力がない)・他動性(じっとすることができない)・衝動性(善悪を判断せずに行動してしまう)などがあります。

ドラえもんの登場人物になぞらえて、不注意型は「のび太型」、衝動型は「ジャイアン型」と呼ばれることもあります。
人によって不注意が優勢して現れたり、衝動性が優勢して現れるなど個人差があります。

不注意

集中力がなく他人の話が聞けない、忘れ物が多い、うっかりミスが多いなどの特徴があります。

この記事に飽きたら…

ADHDの人が最も訴えるのはミスの多さ、抜け漏れの多さです。注意・関心が制御しづらいため、またワーキングメモリー(短期記憶)が小さいためと考えられます。もちろん知的水準に応じてミスの出方は差がありますが、ADHDの人はわかっていてもミスが出てしまう、つまり不注意が多いということになります。

多動性

座るときに座れない、落ち着きがなく歩き回るなどの症状があります。
成人すると行動面での「多動」は収まる人が多いといわれています。

しかし体の多動が無くなっても頭の多動は残ります。つまり上手に頭の中を整理できない、制御できないような感覚です。多くの人は日常、注意関心の制御に苦労することはありません。注意関心の範囲・深度を適度に調整してくれますし、意識すると注意を特定の物事からONにしたりOFFにしたりができます。しかしADHDの人はこの注意関心の調整がほかの人のようにうまくいかず、ONにしたくても(つまり何かに注意関心を向けたくても)出来なかったり、OFFにしたくても(つまり何かから気を背けたくても)ずっと意識してしまうなどが見られます。

過去のトラウマなど考えなくてもいいことを考えてしまったり、覚えなくてはいけないことを自覚があっても気をそらして忘れてしまう症状があります。

衝動性

順番を守れない、突発的に行動してしまうなどの特徴があります。

数日や数か月で、関心があるものが変わったりすることが多く、仕事を転々としたり、通っているクリニックが自分に向いていないと思って変えてしまうなど、継続することが難しいことが多く見られます。

やると決めても継続することが困難だったりします。

アスペルガー症候群

いわゆる空気が読めない、他人の気持ちがわからないなど、自分中心にみられる言動や他者視点が入りにくいという特徴がみられる。

人の気持ちになって考えられず、対人関係に支障が生じてしまう障害です。

一方で、細部や差異によく気付く、公平・平等の精神が強い、ルール通り・律儀である、など仕事に活かしやすい特徴も併せ持つ。

この特性を活かすことができればうまく社会適応できますね。

アスペルガー症候群の方は、興味やこだわりが強いことが多いことが知られています。

これは一長一短であり、時に常人では考えられないような集中力、記憶力を発揮して偉業を達成する人もいます。このような特定の領域に関して非常に優れた能力を発揮する事を「サヴァン能力」と呼びます。アスペルガー症候群には有名人・著名人が多いと言われていますが、これは興味やこだわりの強さが良くはたらいた例になります。

魚類学者でタレントでお馴染みのさかなクンさんもアスペルガー症候群であると噂されています。
魚介類に対する興味関心が凄まじく、それがよくはたらいているんですね。

ライフスタイルのランキング 04/28更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ