あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 泊まる勇気ある?サメが泳ぐ水槽の中のガラス張りの部屋。
ギャザリーからの重要なお知らせ

更新日 2016/04/19

泊まる勇気ある?サメが泳ぐ水槽の中のガラス張りの部屋。

サンフランシスコを拠点とする民泊仲介サイトの米エアビーアンドビー(Airbnb)が、パリ水族館の35匹のサメが泳ぐ水槽内に特設の部屋を用意。ペアでの宿泊と、パリへの往復航空券をプレゼントするキャンペーンを実施していました。

この募集コンテスト2016年4月4日に完了しましたが、面白いので紹介します。もし泊まる事ができたら、と想像してみてください。

水の中の暮らしってどんな感じなんだろう?」と、水族館で思ったことありませんか? 容量300万リットル、水深10メートル、隣には35頭の王者サメ! あの獰猛と畏怖されるサメに囲まれて暮らす気分を、ひと晩でいいから味わってみたい。

そんな物好きなあなたのために今回は特別に、水中ベッドルームのスペシャルナイトをご用意しました。隣人(というか隣サメ) とあなたを隔てるものは透明な壁1枚です。
当選3名様とお連れのお客様のホスト役を務めるのは、フリーダイビング世界記録保持者兼水中フォトグラファー兼サメ愛好家のFred Buyleです。サメと踊ってみなさまをお迎えします。

荷物を解いてひと心地ついたら、当館海洋生物学研究員と一緒に館内をご案内。一般非公開のサメの暮らしぶり、よくある誤解の原因、 海の生態系に果たす重要な役割りなど、舞台裏をしっかりお見せしますので、どうぞお楽しみに。
エッフェル塔の真正面の地下に広がるシネアクアは1867年オープンの、世界最古の水族館です。水中ベッドルームはみなさまのチェックアウト後も残しておき、当館研究員が海洋生物の生態を研究する観測ルームとして活用する予定です。宿泊をご希望の方は、簡単な自己紹介、現住所、「サメとひと晩うまくやれると思う理由」をお書きの上、日本時間2016年4月4日 07:59 a.m. 必着でお申込みください。

「そんなこと言われてもパリまでの足が…」という方もご心配なく。当選者には、世界中どこでもパリまでの往復航空券をプレゼントします。

この記事に飽きたら…

•夜は自撮り厳禁。サメはフラッシュが苦手です
•宿泊前は映画「ジョーズ」の視聴は控えること(あそこまで怖くないです!)
•寝ながら歩いたり、夜間遊泳禁止
•まき餌を食べないでください
•ダイビング禁止
•ベッドルームから頭や足を出さないでください
•羊は泳げません。眠れないときはサメを数えましょう
•挑発に乗らないこと。

もう終わっていますが参考まで!

<当選賞品>
 ・シャークタンクでの2名1組様ペア宿泊 1泊
 ・パリへの往復航空券
<応募期間>
 2016年3月29日〜2016年4月4日 午前7:59迄
<宿泊日>
 2016年4月11日、12日、13日のうちいずれか1泊
<応募方法>
 『Night at シャークタンクに泊まる夜』キャンペーン特設サイトにアクセス。簡単な自己紹介、現住所などの必要事項をご記入いただくとともに、「サメとひと晩うまくやれると思う理由」をご記入ください。
応募投稿の制限文字数は日本語、中国語、韓国語は50-300字、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語は50-550字です。

いかがでしたか?

現在この企画は終了していて、情報がちょっと間に合わなかったですが、でもこんなコンテストがあったなんて楽しいですね。画像を眺めて想像してみてください。それにしてもどんな人が当選したのか?どんな人が楽しんだのか?今度このようなコンテストがありましたら、必ず応募してみてください。

旅行・おでかけのランキング 05/27更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ