あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【日本人ならここに泊まろう】Long luck guesthouseがバンコクに完成したぞ!

8915 view

3 お気に入り

更新日 2016/06/10

【日本人ならここに泊まろう】Long luck guesthouseがバンコクに完成したぞ!

日本からも多く訪れる国、タイ。その中でも首都バンコクに長期滞在したり、旅の始まりの国として備えたり、ソンクラーンや各種イベントに参加するためにショートステイしてみたりと、その楽しみ方は自由自在な楽しい国です。そんなタイ・バンコクに「日本人宿」ができたのでその情報を紹介します。

その名も「恋するゲストハウス」

とにかく新しい建物・設備

2016年の3月にオープン予定で話が進んでいたと聞いていた、Long luck guesthouse。しかし、4月になってもまだまだ完成していないとこがあるということで、日本人の旅人がこぞって集まって協力し、オープンした人気のカオサンロード近くの日本人宿です。日付を見てもわかるように全てが新しく、清潔な設備で旅を続けたい方には是非お勧めな宿の一つです。

旅人に人気のカオサンロードへは徒歩10分

旅を始めたばかりの人や、世界中の友人と会うための待ち合わせとしても利用される旅人たちの聖地「カオサンロード」。その名は、訪れたことのない人でも一度は、と願うほど有名な観光スポットです。東南アジアの中でもタイ特有の外国人の多さと、そこで商いを行う地元のタイ人との掛け合いは、見ているだけで楽しい気持ちとなりますね。そんな世界の「旅」の中心にできた日本人宿なんです。どうです、興味が湧いてきませんか?

水周りもとても充実している

「日本」という固定概念にとらわれている人が必ず目にし驚く、世界の水周り事情。清潔な神聖な場所、とはかけ離れたような姿を一度は目にしたことがあると思います。それは、各国の様々な人種が利用するゲストハウスも同じなことが多いのですが、恋するロングラックは違います。
共用のトイレとシャワールームが別室仕様となっていて、温水も出るというおまけ付き。さらにトイレでは、そのまま拭いた紙を流せちゃう高機能なトイレットが備え付けられているんです。
さらに極め付けは、キッチンのクオリティ。ガスはもちろん清潔な水も同時に使えるので料理がはかどります。
オープン時は、ここでおにぎりを握った青年もいるとかいないとか…。

Long luck guesthouseのオーナーが神様な件について

日本人とタイ人のダブルオーナー

日本人宿、だけあって日本語も英語もぺらぺらのご自身も元旅人の女性オーナーさんと、タイにとどまらず世界で活躍した元DJのタイ人のオーナーさんが経営する、Long luck guesthouse。建物のアットホームさはもちろん、そんな空間を演出しているのはこのお二人の温もりがそのまま表れていると言っても過言ではないほどの、素晴らしいお二人です。

酒好きに朗報。「オーナーは酒飲み」らしい

旅人に多いのが、大の酒好きというパターン。各地で美味しいお酒が飲めるので、その土地土地に合わせて飲み散らかしている方も多いような気がしてなりません。そんな方々にも朗報なのが、オーナーも一緒に酒を楽しんでくれるということ。ほぼどんな種類のお酒でも仲良く一緒に飲むことができる素晴らしいオーナーさんなのです。
写真にもあるような、学生ノリの無茶振りだって日常茶飯事。じゃんけんで負けても勝っても飲む、飲む、飲む。それが恋するロングラック流のバンコクの楽しみ方。

こちらは単日の仕入れ量ですけど何か?

気温の高いタイでは、行き交う人々が水を必ず持ちながら歩く姿が目に入ります。それほど気温による消耗が激しいからなのですが、奥に見えるものは何でしょう?タイでは昼間、近くのセブンイレブンなどのコンビニでは時間制限によりお酒は購入できないのですが、ロングラックの冷蔵庫は違います。あんと宿の中で水もお酒も購入することが可能。これは沈没コースまっしぐら…のように思えますね。
それほど、快適に整えられた宿であると言えます。

訪れた方のレビューも好評

この記事に飽きたら…

バンコクに泊まるならここ以外考えられないってぐらい最高な宿です!
オーナーのホスピタリティの高さゆえに、宿泊客みんな仲良くお酒飲んだり、音楽聞いたり、旅の情報交換したりできます!
Long luck大好きです!!!もはや住みたい!!! ほんまにみんなの強い思いが集まって苦労に苦労を重ねてopenしたGHらしく本当にあったかい場所です!!
宿の清潔さ、快適さは実家のような安心感を与えてくれ、海外生活の疲れを癒してくれます。
バンコクに訪れるなら絶対的にオススメです!
バンコクに行かれる方には必ず泊まってもらいたいゲストハウス。世界一周で最初に訪れた場所がバンコクで不安いっぱいの状態でしたが、この宿に泊まることで不安が解消され身も心もリラックスできました!
実家以上。
そんなゲストハウス。
バンコクに来たら皆さん寄りましょう。

今すぐ泊まりたい そんなあなたへの情報コーナー

Instagram
料金表(2016年6月3日現在)
・ミックスドミ エアコン(1部屋) 280バーツ
・女子ドミ エアコン (1部屋) 280バーツ
・スーペリア(ホットシャワー&トイレ付き) エアコン (1部屋) 650バーツ
・ツイン エアコン(1部屋) 600バーツ
・ダブル エアコン (1部屋) 550バーツ
・ツイン 二段ベッド 扇風機 (2部屋) 400バーツ
・ダブル 扇風機 (3部屋) 350バーツ 6名 (ダブルベッドを一人で使う場合50バーツ引き)
・シングル 扇風機 1階 (3部屋) 220バーツ
・シングル 扇風機 2階 (1部屋) 250バーツ

旅行・おでかけのランキング 04/29更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ