あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【ビデオ女優】憂木瞳(ゆうきひとみ)【もぎたて】

更新日 2016/07/06

【ビデオ女優】憂木瞳(ゆうきひとみ)【もぎたて】

1973年8月31日生まれ。現在42歳。1990年代初頭から活動している日本のビデオ女優の一人。個人的にはもはや『思い出のビデオ女優』という存在になったが、かつて、同氏が大人気だった頃に発売された一冊の写真集『Mogitate!~もぎたて~』の中の幾つかのショットに触れながら同氏の魅力等を綴る。

1973年8月31日生まれ。

現在42歳。

1990年代初頭から活動している日本のビデオ女優の一人。

「中山アンナ」等の別名義での活動時期もあり、

現在では「石黒樹里」名義にて活動中。

もはや『思い出のビデオ女優』という存在になったが、

かつて、同氏が大人気だった頃に発売された、

一冊の写真集『Mogitate!~もぎたて~』

この中の幾つかのショットに触れながら、

同氏の魅力等を綴る。

デビュー作品のタイトルは『危ない寄り道帰り道』というものだった。確かに、こんなにもあどけないベビーフェイスで色白の『ごく普通の女の子』が一人きりで寂しいところを歩いていたら…危険であろう。

外見は『ごく普通の女の子』なのだが、やはり、ビデオ女優としてデビューするだけの確固たる要素というものが在った。高校生時代に部活動としてサッカー部のマネージャーをしていた同氏。いわゆるレギュラー陣(イレブン)の男子の中の計7人と「お付き合い」をしていたという。しかし、とりわけ性において奔放な女性とは断定しない。同氏はいわば「情け深い女性」の一人。男子から「お願い」されて「イヤと言えない」性格の持ち主だったのだろう。その無邪気な微笑みは、そう言っているようだ。

先に『色白』という表現をしたが、スタイルも男好きのしそうな『ムチムチ』タイプ。『色白』かつ『ムチムチ』なので『白ムチ』と言えば判り易いであろう。現在活躍している女優に喩えるならば、川上麻衣子辺りであろうか?その容姿及びスタイルには好き・嫌いの意見が二分するだろうが、好まれる比率が高そうだ。

この記事に飽きたら…

亡くなって久しいかつてのビデオ女優の一人に「飯島愛」という女性が居た。その亡くなり方で世間を騒然とさせたが、いろいろなデマが沸いて話題を呼んだものであった。実は、同氏、この飯島愛の次の看板アイドルとして、当時認知されていたのだ。特別美人というわけでないが、とにかく愛くるしい笑顔と昔の女性の魅力の典型といわれた「ムッチリ感」漂うボディが注目されたのであろう。確かに、ビデオ女優という特殊なジャンルではあるが、当然、一人の女性としての素顔も垣間見られるのである。

最盛期を過ぎ、その舞台をビデオ・DVD等の華々しいメディアから都会・地方の区別なく劇場等へ移し、時には過去の栄光を思い出す事が多かったであろう。私生活においては多くを語らず、ビデオ女優特有の生活スタイルが影響した所為だろうと察する。やはりその仕事柄、一般人と同じような生活・行動が難しくなるであろう。

果たして、若い頃、私自身が確かに心ときめいた『思い出のビデオ女優』の同氏。今、どんなふうにしているか…それは知る由もないが、かつての思い出を一枚一枚めくるように語ってみたのである。

ライフスタイルのランキング 03/29更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ