あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【夏の思い出に!】砂で作るサンドドーム&アクセサリー【キラキラ】

3743 view

1 お気に入り

更新日 2016/08/06

【夏の思い出に!】砂で作るサンドドーム&アクセサリー【キラキラ】

ついつい拾いたくなる貝殻。思い出に持ち帰ってきた砂。有効活用してみませんか?少し手を加えるだけで素敵な雑貨やアクセサリーに大変身します♪

皆さん、夏を満喫していますか。
夏と言えば海ですよね!今年は猛暑日が続いていることから
この夏に海へ出かけた方も多いのではないでしょうか。

そして海辺で貝殻を探したり、思い出に砂を持ち帰る方もいらっしゃると思います。
そんな持ち帰った貝殻や砂を有効活用できるアイデアを2つご紹介します!

まずはサンドドームからです♪

★【その1】サンドドームって何?★

皆さんスノードームはご存知ですよね?
はい、ドーム型のガラスの球体に水と雪を模した白いフレークが舞うあのスノードームです。

サンドドームはその名の通り"Sand(砂)”の入ったスノードームです。

スノードームにも色々な種類があるように、
サンドドームにも色々あります。

例えばこちらは水、砂、貝殻が入っています。
本当に海の中にいるようですね♪

こちらは白い砂。
砂の色が変わるだけで印象ががらりと変わります。

土台も水色のビーズでとパールでデコレーション
するだけでとても涼しげな印象になります。

中に夏の思い出写真を入れた1枚。
青い空にちらりと写る海がいいですね。

ペットの写真の他に、家族写真、
子供の写真、恋人の写真、友達の写真等を
いれてもとても素敵に仕上がります。

夏を切り取った自分だけの1枚を入れることに
よって思い出のサンドドームになりますね。

こちらは砂、貝殻の他に夏グッズがたっぷり!

サングラス、ヤシの木、バケツ等々。
このような小さいモチーフは手芸屋さんで
手に入れることが出来ます。

特にこの時期は夏モチーフの物がたくさん
出ているので、ぜひ探してみてください♪

色がカラフルで見ているだけで
楽しくなりますね!

サンドドームってどうやって作るの?

基本的にスノードームと作り方は一緒です。スノードームでは水を入れることが多いですが、
サンドドームは水が入っていない物が多いです。

水を入れない場合、水入れの作業がないのでより簡単に作ることが出来ますよ♪

スノードームキットを用意!

まずはスノードームのキットを用意。
このような球体の小さいものから
大きめサイズまで様々なサイズ、形があります。
自分の好みに合わせて用意しましょう。

ただし口が小さいと手持ちの貝殻が入らない
こともあるので入れたい貝殻がはいるかどうか
きちんと確認の上、購入してください。

この記事に飽きたら…

東急ハンズのスノードームキットコーナー

東急ハンズのスノードームキット。
お値段は少々高めですが、色々なサイズが選べるのがポイント。

100均でも手に入ります!

始めてだしうまく行くか不安・・・ちょっとキットは高いなー・・・
という方も安心してください!!

実は100円ショップでも手に入ります。
100円だったら気軽にサンドドーム作りができますね♪

空き瓶でもオッケー!

キットは高いし、100均でも手に入らない!
そんな場合も諦めないでください♪

うちに食べ終わったジャムの空き瓶などが
転がっていませんか?

透明な瓶であればなんでも大丈夫です♪

こんなボトルで作ってもおしゃれですね!

お好みで中に入れる物を用意!

【必須】海から持ち帰った砂

汚れが気になる方は一度水洗いして天日干ししておきましょう♪
ふるいにかけると細かい砂が残りサラサラのきれいな砂になります。

【入れるもの例1】拾って来た貝殻

砂と一緒に拾ってきた貝殻があれば一緒に入れましょう。
最近では雑貨屋さんや手芸屋さん、100円ショップ等にも
インテリア用の貝殻が売っているので購入したものでももちろんOK!

【入れるもの例2】金属パーツやビーズ

もう少しボリュームを出したい時には夏モチーフの金属パーツや
パールのビーズ等をいれてもとてもかわいいです!

キラキラさせたい時にはスワロフスキーのビーズもおすすめ✨

【入れるもの例3】ラメパウダー

もっとキラキラさせたい時にはラメパウダーを散らしましょう。
ラメパウダーは100円ショップで手に入ります♪

ファッションのランキング 03/26更新

ファッションのランキングをもっと見る

注目のまとめ