あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 可能性は無限大!【キッチンペーパー】の知られざる使い方 12選

更新日 2016/09/07

可能性は無限大!【キッチンペーパー】の知られざる使い方 12選

キッチンペーパーにこんな便利な使い方があったなんて!あなたは知っていましたか?可能性が広がって、キッチンペーパーを100%使いこなせるはずです!

キッチンペーパー、ちゃんと使いこなせていますか?

水と油を吸うだけなんてもったいないです!これを見れば、キッチンペーパーを使う場面が増えるはずですよ〜!!

油を吸い取る

まずは基本の使い方。揚げ物の下に敷いて、ギトギトを防ぎます。

お惣菜の揚げ物を温め直す際にも使えますよね◎

出汁取り

これも使ってる方は多いのではないでしょうか。
ザルより細かい目で、不純物をしっかり漉してくれます。

冷蔵、冷凍するときに一緒に

野菜を冷蔵、冷凍するときにキッチンペーパーを一緒に入れておくと余分な水分を吸い取ってくれます。
そのおかげで、野菜が長持ちします◎

アク取り&落し蓋

わざわざ市販のアク取りシートを買う必要はありません!キッチンペーパーで十分アクが取れますよ◎

さらに、いくつか穴を開けると落し蓋代わりにもなります◎

蒸し野菜

この記事に飽きたら…

耐熱皿に並べた野菜の上に、濡らしたフェルトタイプのキッチンペーパーをかけます。これでレンジでチン!

できたら一度開けて蒸気を飛ばし、再度キッチンペーパーをかけておきます。
これでじゃがいもやカボチャはホクホク!余分な水分は蒸発し、パサパサにもなりません。一度蒸気を飛ばすのがポイント!

カリカリベーコン

おいしいけど意外と面倒なカリカリベーコン。
キッチンペーパーに挟んで1分ほどレンジでチンするだけ!あっという間にできちゃいます!
その間、他の作業ができますし、油を吸い取ってくれて良いことだらけ♡

設定時間はベーコンの様子を見て、適宜追加してくださいね♪

「漬け」が簡単に

魚の「漬け」を作る際に、キッチンペーパーの上から漬けタレをかければ、タレは少量で済みますし、まんべんなく染み込んでくれますよ。

油抜き

フェルトタイプのキッチンペーパーを水に濡らして、キュッキュと2度ほど絞り、油揚げを包み、レンジで温めるチン!
油揚げの温度が上がり、余分な油が溶け出します。

固いパンをふわふわに!

乾いたままのキッチンペーパーでパンを包み、600wで10秒ほどチン!
これだけでまるで焼きたてのようにふわふわに!

イカの皮剥き

ライフスタイルのランキング 03/26更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ