あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 6ページ目
ギャザリーからの重要なお知らせ
このページは【2016年版】ベトナム 人気のお土産 20選!の6ページ目です。
最初から表示するにはこちら

310139 view

1 お気に入り

更新日 2017/01/22

【2016年版】ベトナム 人気のお土産 20選!

今女性に大人気の旅行先、ベトナム!2016年9月に行ってきました。行く前に調べたお土産、行ってみて買ったお土産についてまとめました。

17.ニョクマム

18.バッチャン焼

ベトナムを代表する焼き物、バッチャン焼。トンボや花などが手描きがかかれた可愛らしい焼き物です。ハノイから車で20分くらいのところに焼き物の村、バッチャンがあります。偽物もあるようなので要注意です。

素朴な味わいが持ち味で、特に明朝時代の中国の陶磁器に影響を受けている。ハノイ市街地近郊には他にも陶器を作る産地があったが、バッチャン村は紅河のほとりにある地の利もあり、海外へも輸出された。なお、このバッチャン村の南隣にあるキムラン村では2001年からの日本のNPOと村の有志による調査により、13世紀 - 14世紀(陳朝時代)に製作された陶磁器(安南焼)が発掘されている。

バッチャン焼の小物入れ

バッチャン村の工場で12USDで購入しました。円やUSドル、クレジットカードで購入できます。

この記事に飽きたら…

19.ベトナム漆器

日本では漆器といえば、黒塗りですが、ベトナム漆器はカラフルでPOP! 漆器の種類もおおく、デザインも豊富。置いているだけで絵になる漆器もおおいので、インテリアにもオススメです。

ベトナムでは漆塗技術はソン・マイ(en:Lacquer painting#sơn mài)として知られている。ハノイに1920年に設立されたベトナム美術大学から著名な漆芸家が輩出され、彼らは既存の職人を巻き込んで漆芸品に革新をもたらした。 その後衰退が見られたが、1980年代に政府が漆器の文化的、経済的需要を見込み、漆器を含む工芸品に投資する会社を奨励した。結果、今日ではベトナム産の漆器を見かけることになった。[4]

20.ライム塩コショウ

クレイジーソルトに次ぐ、便利な調味料、ライム塩胡椒。そのまま野菜にかけてよし、お肉やお魚の味付けによし。カクテルなどにも使えそうです。スーパーやコンビニで100円程度で購入できます。

旅行・おでかけのランキング 05/27更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ