あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 警察官についての疑問!交番の由来やパトカーが白黒の理由って?

241 view

1 お気に入り

更新日 2016/08/16

警察官についての疑問!交番の由来やパトカーが白黒の理由って?

みなさんは警察官についてどこまで知っていますか?テレビドラマやドキュメント番組で、警察官がどんな仕事をしているのかを少しは知っています。ですが、いくらテレビで紹介しているとはいえ、まだ知らないことは多いはず。そこで、多くの人が疑問に思うであろう、パトカーの白黒デザインや交番の由来について調べました。

警察官になったらまずは?

警察官の登竜門と呼ばれる勤務があります。

警察学校を卒業すると、まずは交番で勤務します。

それぞれの現場で活躍する警察官たちも、最初は交番勤務からそのキャリアをスタートさせました。

警察学校で警察官に必要な基礎を学び、卒業後はほとんどの人が交番勤務になります。

交通事故や事件の対応、パトロールなどで、その町に住む人たちの生活を守っていきながら、警察官は交番勤務で様々な経験をしていくのです。

警察官はこの交番で得た経験を生かし、刑事などそれぞれの現場で活躍していくのです。

交番の名前にはどんな意味があるの?

何気なく使っている交番という言葉は、どんな意味があってつけられたのでしょうか?

各地に交番が設置されるようになり、警察署から警察官が出向いてきて、交代で立ち番をしたのです。

こうして、『交替で番をする所』なので『交番所』と呼ばれました。これを略して『交番』と呼んだのです。

明治7年に交番は設置されました。

その頃は警察署から歩いてパトロールをしながら、立ち番をする場所まで行き、前番の警察官と交替していたことから、交番という名前が生まれたのです。

最初の頃は今の交番のような建物がありませんでした。

交番勤務の警察官はどんな仕事をしているの?

具体的に警察官は交番でどんな仕事をしているのでしょう。

この記事に飽きたら…

地理案内、遺失物・拾得物の処理や被害届の受理、事件や事故にあった人への対応、迷子の相談に至るまで、地域住民がさまざまな問題で困った時、親身になって対応するのが交番・駐在所の仕事です。

テレビドラマやドキュメント番組などを見ていると、何となくどんな仕事をしているのかはわかります。

上記以外にも酔っ払った人の世話や喧嘩の仲裁などをしているのも見たことがあり、私自身も落し物をしてしまい交番へ行った経験があります。

刑事など様々な警察官がいる中では、私たちと関わりが一番多いのが交番にいる警察官ではないでしょうか。

パトカーについての疑問

警察官がパトロールなどで使っているパトカーの色は、なぜ白黒なのでしょうか?

昭和25年にパトカーが日本に導入された当時は、白色一色でした。

しかし、パトカーであることが一目で分かるように白色ボディの下半分を黒色に塗り、昭和30年には白黒のツートンに全国で統一されました。

白一色だと普通の車と区別ができないということで、アメリカのパトカーを参考にして白黒のパトカーが誕生しました。

白黒だと遠くからでもわかりますし、現在は赤いパトライトが付いているので、より確認がしやすくなりました。

次の疑問です。

パトカーは違反者や犯罪者を追いかけるために、改造された特別仕様の車なのかについて調べました。

ちまたではパトカーはチューンナップされた特別仕様車だという噂がまことしやかに流れていますが、実は至ってノーマル仕様です。

加速やスピードをより早くしているという噂を信じていた私・・・。

そういった改造はされていないと聞いて、ちょっと残念な思いを感じたのは私だけでしょうか。

無線機やビデオカメラなどの設備はされているが、走行についての改造はしていないようです。

ライフスタイルのランキング 02/28更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ