あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. ニベアの青缶で作る「シュガースクラブ」でお肌がスベスベになるって話題!作り方伝授します♡

17829 view

7 お気に入り

更新日 2016/08/26

ニベアの青缶で作る「シュガースクラブ」でお肌がスベスベになるって話題!作り方伝授します♡

ハトムギ化粧水+ニベアの青缶のコンビがネットで話題になりましたが、昨今このニベアの青缶とシュガーでスクラブを作る美容大好き女子が急増中です。今回は、ニベアシュガースクラブのことを調べ、作り方も伝授します!

ニベアのシュガースクラブってなに?

最近ネットで話題になっているニベアのシュガースクラブですが、黒ずみケアができたり、お肌がスベスベになるという声があります。

ソルトスクラブに比べ、保湿力があるというシュガースクラブは、モデルや美容大好き女子には常識。今回はニベアシュガースクラブを詳しく調べ、作り方もお教えしちゃいます!

シュガースクラブの効果ってどのくらい?

シュガースクラブの効果で注目したいのは、「保湿力」と「洗浄力」だそうです。お肌の余分な角質や皮脂をキレイにし、砂糖の吸水力・保湿力・浸透力でお肌をしっとりスベスベにしてくれるそうです。

砂糖の高い浸透力(お肌に自然に溶け込みなじんでいく力)と高い吸水・保湿力(お肌のうるおいを取り込んで外に逃がさない力)により、肌は水分をぐんぐん引き寄せるようになり、いつもしっとりなめらかなお肌なります。
シュガースクラブによって浸透力が高まったお肌は、化粧水や美容液、保湿クリームといったいつもの保湿アイテムの浸透がグーンとよくなってきます。お化粧のノリが悪い、といった悩みや化粧崩れが気になる方には、お化粧のベース作りができるので良い変化が実感できる

善玉の皮膚常在菌は砂糖が好物?!

この記事に飽きたら…

腸内の中は腸内細菌がたくさん住んでいて、善玉菌・悪玉菌が居るのはみなさんよく知っていることでしょう。便秘気味の人の腸内には悪玉菌が多く住んでいますし、お通じが良い人の腸内には善玉菌が多く住んでいます。

お肌にも1兆個以上の菌が住んでおり、それを「皮膚常在菌」と呼んでいます。「皮膚常在菌」にも汗や皮脂をエサにすることにより、グリセリンや脂肪酸を産出し、皮脂膜を作ったり、pHを弱酸性に保ったりする善玉菌がいます。

一方善玉にも悪玉にもなる日和見菌(ひよりみきん)の「アクネ菌」や、「黄色ブドウ球菌」などは、悪玉菌の代表です。

この皮膚の善玉菌は砂糖が好物で、シュガースクラブを使うことにより、善玉菌が活発になり、お肌がイキイキ、ツルツルと蘇ると言われています。

ニベアスクラブの作り方

用意するもの:
★ニベア青缶
★砂糖
★オリーブオイル(オリーブオイルはココナッツオイルやベビーオイルでもOK)

作り方:
ニベア4:砂糖2:オリーブオイル1の割合で混ぜるだけ。

ハチミツを加えると抗菌作用が期待できる

ハチミツは抗菌作用があるので、ニキビ予防にもなるそうです。そしてハチミツのミネラルなどが老化を防ぎ、ビタミンCがメラニンの発生を抑えるからシミやしわにもいいと言われています。そして、くすみの原因、古い角質層を落とし、肌を明るくしてくれます。

ニベアスクラブの使い方

ニベアシュガースクラブの使い方はとっても簡単です。気になる部分を優しくマッサージするようにスクラブを円を描くようにすべらせます。

後はぬるま湯で洗い流し、しっかりと保湿ケアをしましょう。

スクラブの使用目安は、一週間に1回くらいがおすすめです。

美容のランキング 04/27更新

美容のランキングをもっと見る

注目のまとめ