あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【台北夜市】夜市で出会える!絶対、美味しいと言葉にしてしまうグルメ♪
ギャザリーからの重要なお知らせ

更新日 2016/08/29

【台北夜市】夜市で出会える!絶対、美味しいと言葉にしてしまうグルメ♪

台北の夜の楽しみと言えば、毎日開催されている夜市ですよね。名前の付いている夜市から、あまり知られていない夜市までー外食文化の台湾は、朝食から夕食、デートまでと幅広くそのために夜市も美味しい食べ物や飲み物、デザートが盛りだくさん!あれもこれもと欲張ってお腹を壊さないようにしてくださいね♪

1.台湾の食のルーツを知りたいなら【寧夏夜市】

長い1本道に屋台と店舗がぎっしり!

MRTの【雙連駅】と【中山駅】から徒歩10分とアクセスもよく、食べ物屋台が豊富で、お腹いっぱいの後はゲームも楽しめちゃいます♪

魯肉飯の老舗!【鬍鬚張魯肉飯】  

元は屋台から始まったという、日本でもおなじみの名店ですね。
店舗を構えてからも30年以上ということです。

魯肉飯(豚肉そぼろかけご飯)

台湾のご飯と言えば、魯肉飯!というくらい定番の台湾飯。
やはり、中華の要素の中に醤油ベースを感じると落ち着きますよね。この台湾風の奈良漬もいけますよー

水耕A菜

A菜という中華野菜をその名の通りに水耕栽培したものを、炒めて醤油ベースのタレで味付けしてあります。
外食だと野菜を食べる機会が少なくなりますので、メニューにある店では食べた方がいいですよー

貢丸湯(大根と肉団子のスープ)

団子も大根もなんかほっこりしませんか?!
しかもあっさりとしたお味なので、食べ疲れたお腹や胃には優しく入ってきます。
ここは香菜入りですので、苦手な場合は『不要香菜』と伝えてくださいね。

寧夏夜市で、蚵仔煎(牡蠣オムレツ)なら次にご紹介する2店へどうぞ!

蚵仔煎の老舗!【圓環邊蚵仔煎】

こちらも50年以上続いている老舗であり、名店ですね。
落ち着いて食べたい方は店内でゆっくりと、ホテルで食べたい方はテイクアウトでー

行列の絶えない!【頼記鶏蛋蚵仔煎】

このお店は夜市の通りではなく、民生西路側の入り口のすぐ隣で営業してます。
行列のあるとこは、美味しいですからね。

こちらのお店では、内用(店内で食べる)場合は写真に写っているとおりに理髪店を挟んで店内飲食用のスペースへ案内されます。
外帯(テイクアウト)の場合は、ホテルでは温めなおすとか出来ないと思いますので早めにたべることをお勧めします。

この記事に飽きたら…

蚵仔煎(牡蠣オムレツ)

外はカリっと、中はジューシーに仕上がってます。
中に入っているカキは、日本のとは違って小ぶりなカキですがたくさん入ってます♪
台湾独特の甘いソースがまた絶妙なんです。

蚵仔煎はこんな感じで作ってますよー 

大きな鉄板に、材料を手際よく並べて焼いて行ってます。
これなら多少の行列が出来てても、そう時間はかかりませんね。

テイクアウトは、箱詰めしてくれます。

出来立てを箱詰めしてくれますが、大体はソースまでかけてくれます。
しかし、時間が経つと片栗が溶けて水っぽくなってしまうので注意してくださいね。

最初は鼻について仕方ない臭豆腐、懐かしく思えたら台湾通♪

どこの夜市でも歩いていると、すぐにどこからともなくと匂ってくるあの香りー

慣れないうちはやはり、鼻をつまんだり、息を止めたり・・・

煮込んである臭豆腐は無理でも、揚げるとこれが食べられるようになるんです。

しかも何度か夜市を訪れて歩いているうちに、臭豆腐の香りで食欲が

増してくるような感覚になるので、不思議です!

屋台と店舗がある【里長伯】

夜市の中に屋台もありますし、このように店舗も構えています。
屋台が並んでいる通りは、混雑していることが多いので店舗の方がゆっくりできるかもしれません。

油炸臭豆腐(揚げ臭豆腐)

1口大の大きさの臭豆腐をあげてるので、臭みも激減ー
しかも、添えてある酢漬のキャベツと甘辛いソースがいい感じにマッチしていて美味しく食べられます。

看板にある【蚵仔大腸麺線】

看板にしているくらいですので、自信があるのでしょう。
しっかり煮込まれた麺線(日本のそうめんのようなもの)に、カツオ出汁と台湾ならではの調味料、柔らかく煮込まれたモツに小ぶりなカキがこれでもか・・というくらいに入ってます。

串焼きなら【微笑炭焼】

串焼きの屋台は、数多く見かけますが味や種類の多さとコスパで一番ー

1串ほとんど10元!

10元と言うことは、1本約34~40円くらいですね。
10本頼んでも400円たらずです。
かごに自分の好きなのを入れて、頼んだらあとは炭火で焼かれてアツアツをもらうだけー
お酒のおつまみには、最高ですね♪

旅行・おでかけのランキング 05/29更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ