あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 大笑い(爆笑)できる面白い話!厳選55話

87277 view

1 お気に入り

更新日 2016/12/20

大笑い(爆笑)できる面白い話!厳選55話

心の底から笑いたいときって有りますよね?そんなときに、読めば大笑いできること間違いなしの面白い話です。徹底的に厳選した55話です。笑いすぎて腹筋が割れても、責任は持てません。

クリスマスの予定

昨日、バイトの後輩の女の子に

後輩「先輩っ!ちょっといいですか?」
俺「どうしたの?」
後輩「12月24日の夜の予定は空いてますか?」
俺「え?あ、空いてるけど、何?(ドキドキ…)」

後輩「私の代わりに24日バイト入ってもらえます?24日予定があって…」
俺「……………いいよ。暇だし 」

国の仕組みが理解できます

息子:「父さん。ひとつ聞いてもいい?」
父親:「なんだい」
息子:「国の仕組みってどうなってるの?」
父親:「いい質問だ。よし。うちの家族を例にとってみよう。父さんはお金を稼ぐから“経営者”だ。母さんは家計を管理してるから“政府”だ。そして、父さんと母さんに面倒を見てもらっているお前は“国民”だね。ウチに住み込みで働いている家政婦さんは“労働者”だ。赤ちゃんは・・・そう、“未来”だね。国の仕組みってこんな感じだよ」

息子:「うーん。よく分からないや。今夜、よく考えてみるよ」

その夜、赤ん坊がおもらしをして、ひどく泣いていた。
息子は両親に知らせようと寝室に行ったが、母親が熟睡していただけだった。
そこで、家政婦の部屋に行った彼は、ドアの隙間から父さんと家政婦がベッドの上で夢中になっているのを見た。

「父さん!」と何度も声をかけたがまったく気づいてもらえない。
しかたなく、息子は自分の部屋に戻って寝てしまった。
次の朝・・・。
息子:「やっと国の仕組みって分かったんだ」
父親: 「ほう。えらいな。どれ、説明してごらん」
息子:「ええとね。“経営者”が“労働者”をいいように使っている間“政府”は眠りこけているんだ。そして、“国民”の声は無視されて、“未来”はクソまみれなんだよ」

就職活動

大学の卒業を間近に控えた女子学生AとBの二人がショッピングをしながら就職活動についての話をしていた。

A「私が落ちた会社にCは採用されたそうよ」
B「あの子ってあなたと成績も同じくらいだし取っている資格も同じよね」
A「そうなのよ。なのにCが採用されて私が落ちるなんて理解できないわ。」

などと話しているうちにお目当ての携帯ショップにたどり着いた。

B「こっちの携帯とあの携帯。値段も機能も同じだって。どっちがいい?」
A「値段も機能も同じなら当然こっちのかわいい方よ」

この記事に飽きたら…

理科のテスト

中学生の時のこと、
理科のテストで「ヤマノイモ」が答えの問題(理科では動物や植物の名前はカタカナ)があった。
だがテストが終わってから問題を思い返すと、自分はどうやら「ヤマイモ」と書いたもよう。

「俺その問題まちがえたわー、惜しかった」「ヤマイモって書いたわー、後ちょっとだったのに」と周りに言いふらす俺


しかし帰ってきた答案には「サトイモ」って書いてあった。全然惜しくない。

「サトノイモ」だったらまだチャンスあったな

モスバーガーの店員

モスでトレイを手にしたまま派手に転んだことがある。
可愛らしい店員さんが飛んできて
「大丈夫でしたかっ?受身は取れましたか?お怪我はございませんか?受身は取れましたか?」
ってなぜだか俺より店員さんが混乱してて、やたら受身の有無について聞かれて困った。

中古のシビック

シビックの車内掃除をしていたら前オーナーの落としたゴミが残っていた。
静岡のローカルスーパーのレシートだった。
レシートの内容はこんな感じ。

―モヤシ
―アタック1.5kg
―オニギリ ツナ
―プリキュアヌリエ
―ホンダシビック

HONDA シビック!?
まさかこの車ってスーパーで買ったのかよっ?

でもよく考えたら「本だし お徳用ビッグサイズ」だと思う。

口裂け女

ライフスタイルのランキング 03/25更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ