あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【冷蔵庫を整理整頓♪】冷蔵室・冷凍室・野菜室に分けて収納方法12テクをご紹介!
ギャザリーからの重要なお知らせ

更新日 2016/09/19

【冷蔵庫を整理整頓♪】冷蔵室・冷凍室・野菜室に分けて収納方法12テクをご紹介!

多くの食品が収納されている冷蔵庫。でも、この冷蔵庫が整理されていないと食品の消費期限切れを招いてしまうだけでなく、電気代が余計にかかってしまうことも・・。ほんの少しの工夫で、スッキリ使い勝手のよい冷蔵庫を目指しましょう!今回は、冷蔵庫を整理整頓するための収納法を冷蔵室・冷凍室・野菜室に分けてご紹介!

「よく消費期限切れで食品を捨てている」「冷蔵庫の中がごちゃつく」そんな悩みありませんか?

貴女の冷蔵庫は大丈夫?

冷蔵庫の中の収納って意外と難しい。

大きさや形もバラバラで積み重ねにくいし

消費期限もいちいち覚えていられない・・。

多くの食品が収納されている冷蔵庫。でも、この冷蔵庫が整理されていないと、食品の消費期限切れを招いてしまうだけでなく、電気代が余計にかかってしまうことも・・。ほんの少しの工夫で、スッキリ使い勝手のよい冷蔵庫を目指しましょう!

この冷蔵庫の中の収納問題を解決するテクニックをご紹介します。

①まずは【冷蔵室】の収納テクニックをご紹介します。

冷蔵室の収納では、主に使い忘れを防止する方法をご紹介します。

■消費期限が長い食品と短い食品で収納場所を分ける

例えば、お酢を使った保存食は1ヶ月ほど(または、それ以上)保存することができます。このように、消費期限が長い食品と、作り置きおかずなどの消費期限が短い食品とを分けて収納するようにしましょう^^

上の段には、甘酢漬けやピクルスなど、消費期限が長いものを置くエリア”1ヶ月の棚”。



次に、作り置きおかずや下ごしらえをした食材は、消費期限が短いので目が行き届きやすい下エリア”3〜4日の棚”へ。



このようにして、消費期限を気にかける頻度ごとにまとめておく。そうすることで、管理がラクになります。
 

■残る確率の多い食品はあらかじめ保存容器に盛り付けておく

残る確率の高いおかずは、初めから3〜4日の棚に並べるようパイレックスの保存容器に盛り付けます。そうすることで、残ってもそのまま蓋をして冷蔵庫の定位置に置くことができますね。残り物の保存も手間なくスッキリ^^

この記事に飽きたら…

オススメの保存容器→【パイレックス/パック&レンジ】

ガラス容器は中身が見えるので食材を無駄にすることがありません♪

四角い形なので、冷蔵庫の中でもキチッと収まり、無駄がありません。また、ガラス製なので中身がよくみえることと、食卓に並べても食器として十分なだけでなく、いくつか並べるとスタイリッシュなお献立に見えるのもうれしいところ♪^^

■同じタイミングで使う食品はまとめてトレーへ

例えばバターとジャム、ピーナツバター、ケチャップなど朝食時にいつも出すものが決まっていたら、同じトレーにのせて一度に出し入れできるようにすると、在庫状況をきちんと管理できるうえに、冷蔵庫の開閉時間も短く済むので省エネにもつながります。

■収納する容器を統一する

冷蔵庫の中にお皿やお鍋、タッパーやビニール袋が混在していると、見た目がスッキリしないだけでなく、何がどれくらい残っているのか一目で分かりにくいもの。なるべく、食材や調味料をストックする容器を統一してみましょう。

■冷蔵庫の食材の保存場所を決めることで、使い忘れや二重買いを防止

ライフスタイルのランキング 05/23更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ