あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. (文字多し)付箋を使った手帳のタスク管理

更新日 2016/11/01

(文字多し)付箋を使った手帳のタスク管理

あっこれいいなと思った手帳の書き方ルールのまとめほぼ自分用 改修点が見つかれば随時修正。

今年こそは使い倒してやると毎年思っているが、使いこなせず。。。

そこで原因を考えた

記入のルールを決めていない、または、決めていても忘れてしまう。

つまり、手帳に何を書き込むか分からなくなっていた。

ということで、いいなと思ったor自分で考えたmy手帳の記入ルールをまとめました。

1.1日1ページの手帳を買う

2.プライベートと仕事のスケジュールは、マンスリーページでのみ共有

3.土日のスケジュールページは、週のメモ用にする

この記事に飽きたら…

手帳は仕事用のカバンに入れっぱなしでほぼプライベートで開いて確認・記入することはないので、プライベートの1日のタイムスケジュールページは使わない。

4.ペンの色の使い分けシール・イラスト・デコレーションは一切しない

過去にマスキングテープを買ったりして頑張っていた時期がありました。
でも、不器用だしセンスないしで汚くなって
最後は手帳自体開くのが嫌になていたので、デコレーションは一切しません。

5.1日1ページには仕事のタスク管理・メモを管理する

管理職になってくると複数の案件をまたがって仕事するので10分後には頭を切り替えなきゃいけないとか多々ある。
でも、切り替えるとやっていた細かいTodoを忘れてしまいがち。
それらを管理して、慌てて期限前に仕事を片付けるということをなくす。

6.タスクの管理は「あな吉時間管理」を採用

1日1ページに直書きでtodoを書き込んでいたが終わらない。
翌日に繰り越したいときに、次のページに書き込むのが面倒。

なので、付箋にやることリストを洗い出しをして、手帳にペタペタ貼っていく。

7.プライベートの日記はちょっと高級ノートに

ライフスタイルのランキング 03/26更新

ライフスタイルのランキングをもっと見る

注目のまとめ