あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 「現役ツアーコンダクター】「スペイン周遊」をご紹介(^^♪

更新日 2017/02/11

「現役ツアーコンダクター】「スペイン周遊」をご紹介(^^♪

海外旅行の楽しさ、見どころ、注意事項などをご案内。今回は「スペイン」です。観光案内ではありません。行かなきゃわからない役立つ情報いっぱい!

行くぞ!スペイン(^^♪マドリッド・コルドバ・セビリア・グラナダ・ミハス・バルセロナ8日間の旅

1日目  成田空港からマドリッドへ

成田空港からイベリア航空6800便(成田空港11時20分発)。2016年秋から就航したマドリッドまでの直行便で出発。14時間はなが~いけど、乗り継ぎよりやっぱり楽。荷物の延着もないので安心です。

成田発マドリッド行。機内食。

就航以来三回搭乗しましたが、そのたびに機内食のメニューがかわっています。
いろいろと模索中でしょうか?今回のハンバーグは美味しかったです。
でも、初めからパン2個はないのでは・・・。
食べられないですよ・・・(笑)

1日目
11:20成田空港出発
17:05マドリッド到着(時差8時間・サマータイムなら7時間です)
そのままホテルに向かいます。今回はホテルの隣には百貨店。向かいには美味しいシーフードタパスの食べられる気軽なレストランがありました。
※ポイント・・ツアーでは初日の夕食がついていないことがほとんどです。スーツケースの中であれば、「カップ麺」「レトルト食品」など持ち込めます。格安ツアーでは郊外泊が多いので、レストランやカフェも近くには無く、ホテルに食事のできる処が無いこともあります。パンフレットを見てホテルの位置を調べてからツアーに申し込んだほうがいいですね。今回は格安ではないので町の中心に宿泊でした。
ツアー価格が安い=ホテルは郊外・・がほとんどですね。

気軽なタパス!

ムール貝の蒸し物とホタルイカのフライです。ホタルイカのフライって、日本ではないですよね・・・。スペインでは人気のおつまみです。是非、食べてみてくださいね。
マドリッドには海はありませんが、さすがは首都、なんでもそろっています。

2日目 マドリッドの観光・・注意事項チェックしてね

シーフードとイカスミのパエリア

おすすめはシーフードかな・・・。もともとはバレンシアが発祥。農家の方たちが農作業の傍ら簡単にランチが食べられるようにと、鍋とお米・・それにそのあたりでとれた「かたつむり」「ウサギ」「豆」で、作ったのが始まりのようです。

2日目
午前中はマドリッド市内を観光
※美術館は、大きなカバンやカメラの三脚などは持ち込めないので注意してくださいね。
ランチは「パエリア」・・シーフード
※スペインでは「パエージャ」「パエーリャ」と発音します。個人でレストランでオーダーする際にはこの発音でね。
午後は自由行動
※午前中に「プラド美術館」「レイネソフィア芸術センター」に行った時の入場券で、一日中再入場できます。

この記事に飽きたら…

スペイン旅行の注意事項  スリ・置き引きが多発。特に観光地には入場料を支払ってでも入ってきます。お金はいくつかに分けて持ちましょう。お財布にたくさんお金が入っているのをスリは見逃しません。

王宮の庭に霜!

一年を通じて花が咲いているお庭ですが、この日は寒くて・・。

国土の面積は日本の約1.3倍。

アンダルシア地方をドライブすると、日本の1.3倍しかないなんて思えない!5倍くらいありそ・・・(笑)

サンミゲル市場で食べ歩き!

あれもこれも美味しそう。せっかくのスペイン。ダイエットなんて忘れて食べましょう。サンミゲル市場は、以前は生鮮食品の市場でしたが、今は「タパス」のお店がいっぱい。個性的なお店が多く立ち並んでいます。

3日目はスペインの新幹線でコルドバへ。アンダルシアです。

BARCELONA, SPAIN - JANUARY 08: Atmosphere at Figueres-Vilafant train station during the inauguration of the AVE high-speed train line between Barcelona and the French border on January 8, 2013 in Barcelona, Spain. (Photo by Miquel Benitez/WireImage)

マドリッドからはスペインの新幹線「AVE」でコルドバまで約2時間

「AVE」はスペイン語では「鳥」。車内にはカフェテリア(スタンディングスタイル)があります。小さなモニターで映画も上映。出発したらすぐに車掌さんが配ってくれるイヤホーンは持ち帰ってOK。車掌さん、美人とイケメンが多いです(個人的な感想ですが)

3日目
マドリッドから9時発の「AVE」でコルドバに到着。
マドリッドの駅では荷物検査がありますが、液体類のチェックはありませんので、水なども車内に持ち込めますよ。駅にも売店があります。
コルドバでは徒歩観光。
※坂道はありませんが石畳なので、歩きやすい靴で準備しましょう。
ランチは「牛テールの煮込み」・・骨付きでコラーゲンたっぷり
ホテルはコルドバのパラドール(国民宿舎)
※スペインに行くなら1泊は是非「パラドール」がおすすめです。「パラドール」の宿泊を含むツアーは少々価格が高めになってしまいますが、食事が美味しくて時間もゆったり流れている・・そんなくつろげる空間を楽しめます。

コルドバ・メスキータ

一気に中世イスラムの世界に引き込まれます。元はモスクだった大聖堂。中ではフラッシュ付きで写真撮影OKです。

旅行・おでかけのランキング 03/25更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ