あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【これを知れば】おみくじを楽しもう【あなたも幸運になる!?】

更新日 2017/02/09

【これを知れば】おみくじを楽しもう【あなたも幸運になる!?】

おみくじには様々な意味があります。今回はその意味や知られざるエピソードに迫っていきたいと思います。正しく知って、楽しく付き合っていきましょう。他にも魅力的なグッズを紹介していますよ。

1・おみくじが寺や神社に置かれている理由

京の都に近い比叡山延暦寺というお寺がありました。

そのお寺の元三大師という人が中国から持ち帰り、このお寺で始めた「観音みくじ」が、日本のおみくじのはじまりだといわれています。

昔、日本ではおそろしい伝染病がはやっていました。

元三大師は、人々をわざわいや苦しみから救うため、観音様にひたすらお祈りをしました。
そして、観音様からさずかったさまざまな言葉を、お参りに来た一人ひとりに届けようと、「観音みくじ」をはじめたのです。

こんなところにルーツがあったんですね~。是非旅行の際にはいってほしいものです。

おみくじは、昔、後継者選びや、国の祭事・政といった
重要事項を決定する際、神様の御声を聴くための道具
として用いられていた”籤(くじ)”が起源だと
言われています。

実は重要な事は、神様が決めてくれるという考えがあったのです。現代ではびっくりな話ですが、戦争や政治を行う際に占師の意見を聞くのは常識でしたし、現にくじで決まった有名人は多数います。

足利義教

籤で選ばれたといえば、この人は外せません。6代将軍は籤で選ばれたのです。彼は優秀でしたが、次第に独裁制を高めていき、嘉吉の乱で命を落とすのです。

源頼朝

この人も籤の意見を重視していました。鶴岡八幡宮の移転先まで決めていたようですし、実際似たようなことを他の歴史人物もしていました。このように、おみくじと神社仏閣には大きなつながりがあるという事がわかっていただけるのではないのでしょうか?

2・あっと驚く豆知識

実を言うと、昔は持ち帰るのが普通でした。

これは、大吉や凶ということに関係なくです。


元々、おみくじは吉凶というのが大事なのではありません。

そこに書かれている内容が大事なんです。

そうなんです。結果が悪いからといってもめげてはいけません。しっかりとかかれていることをヒントに回避することが可能です。ですからむしろ持って見直すことが必要だったのでしょう。

大抵の場合は、

このように注意書きがされています。しっかりと確認しましょう。

神社で引いたおみくじが境内の木々に結ばれているのを目にすることが多くあります。これは、結ぶという行為により、木々の生命力にあやかり、「願い事が結ばれるように」という祈願が込められています。

その一方で、木の枝におみくじを結ぶことを禁じている場合もあります。これは、境内のご神木を傷めないようにするなどの配慮によるものです。

しかし結ぶ習慣がついていったようです。いかに神様の力が宿っているとは言え、ボロボロになってしまっては意味がありませんから、木もおみくじも大切にしたいですね。そうすれば運気も向上するでしょう。

この記事に飽きたら…

▼7段階
大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶

▼12段階
大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

これは基本的な序列ですが、中には変わったものがあるのが面白いものです。

布忍神社の「恋みくじ」

なるほど、じゃあ抱いてやりましょうかと解釈しますね?

熊本城稲荷神社

ちなみにおみくじは何度ひいてもいいのです。ですから、納得いくまでやってみるのもいいかもね。

一、神籤筒(みくじつつ)を逆さまにし、穴の開いている底を手のひらの上に乗せます。

二、神様に教えていただきたい事柄を祈念(おいのり)しながらまっすぐ上下に振ります。

三、穴から数字の書かれた棒が一本出てきます。その数字を巫女か神職に告げてます。

四、出てきた棒をそのまま筒に戻します。(棒の向きを変えないよう気をつけます)

作法に則ってやれば、幸運も引き込めるかもしれません。

3・こんな本やグッズがお勧め!!

京都熊野若王子神社のマッチおみくじ

気楽に楽しむ事が出来ます。このように、おみくじは様々な種類が存在するのです。

おみくじシャープペン

毎日と言わず、毎回楽しむ事をしたいならこれを活用しましょう。

巨大おみくじ紙製

エンタメ性を取り込んでみてはいかがでしょうか?きっと盛り上がるはずです。

大阪弁おみくじ綿棒 110本入り 大阪土産 超凶 超吉 おもろい土産

大阪弁交じりの結果が出ていてユニークです。

おみくじ

こんな絵本もあります。是非お子様に読んでほしいですね。

旅行・おでかけのランキング 04/28更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ