あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. "風属性"のエネルギーを持つパワースポット | 相性で選ぶパワースポット
ギャザリーからの重要なお知らせ

更新日 2017/02/11

"風属性"のエネルギーを持つパワースポット | 相性で選ぶパワースポット

実は、「パワースポットには相性がある」という考え方があります。パワースポットごとに流れているエネルギーは異なり、それは繭気属性(けんきぞくせい)を調べる事で、判別する事が出来ます。自分に合うパワースポットを訪問してみましょう。今回は『風属性』のパワースポットを紹介します。

属性の判別方法

パワースポットとは、聖地・氣場などとも言われ、生命や活動の源となるエネルギーが集中している場所のことであるとされています。
風水などでは龍穴などと言うこともあります。太古の昔より、地球上にはエネルギーの集まる場所があり、人々はそれを敏感に感じ取り、特別な場所としてきました。日本では、多くの神宮や大きな神社・仏閣は、ほぼ確実にエネルギーの高い場所、いわゆるパワースポット上に存在していますパワースポット巡りが神社巡りに近い感じになるのはこの為です。

【青森】岩木山神社

青森県弘前市百沢字寺沢27

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)は、青森県弘前市百沢の岩木山の南東麓にある神社です。別称、「お岩木さま」「お山」「奥日光」と呼ばれ、古くから津軽国内の人々に愛されてきました。創建1200余年の歴史を持ち、現存する社殿や楼門は、江戸時代初期から元禄時代にかけて代々の津軽藩主が造営・寄進したもので、「奥の日光」と称され、本殿・拝殿・奥門・楼門等が重要文化財に指定されています。

地元の人には、初詣やデートの人気スポットですが、特に地元の口コミでウワサなのが、「良縁をもたらすパワーにあふれている」ということ。恋愛はもちろん、良縁、縁結び、復縁などを願う人たちで人気急上昇中です。背後には、神山・霊山として仰がれる岩木山。多彩な神々が祀られている岩木山神社のパワーと相まって、運気上昇のご利益も。

【青森】恐山

この記事に飽きたら…

青森県むつ市田名部字字曽利山3-2

本州最北のパワースポットにして、日本三大霊山(恐山、高野山、比叡山)、日本三大霊場(恐山、白山、立山)、日本三大霊地(恐山、立山、川原毛)に数えられる、霊験あらたかな聖域。862年に慈覚大師 が開山したと言われています。

下北駅から車で恐山へ向かうと、お地蔵様や名風車がカラカラと寂しい音を立てています。しかし、その道中にある湧き水・冷水(ひやみず)は、1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われる水。ぜひ、延命長寿を祈願しながら飲んでください。

硫黄臭と荒涼とした風景の地獄。向かいには恐山(釜臥山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山、剣の山、地蔵山、鶏頭山の八峰)を望み、瑠璃色のトンボが群れる宇曽利山湖沿いの極楽浜。生と死、輪廻、転生を感じずにはいられない絶景です。寿命が延び、物質的に豊かになった現代人だからこそ、一度は恐山に訪れ、生と死、光と闇について目の当たりにすることは、今後の人生にとって大きなプラスとなることでしょう。

【岩手】龍泉洞

岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉

龍泉洞(りゅうせんどう)は、日本の岩手県岩泉町にある鍾乳洞。岩泉湧窟(いわいずみわっくつ)とも言う。総延長約1,200m。高低差約249mは日本の洞窟中第5位。

秋芳洞(山口県美祢市)・龍河洞(高知県香美市)と共に「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられる。

また、地底湖は龍泉洞地底湖の水として1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された。

その美しさゆえにデート・スポットとして、関東や近隣の都市から自動車で多くの男女がやってくる。

【山形】上杉神社

山形県米沢市丸の内1丁目4−13

上杉神社(うえすぎじんじゃ)は、山形県米沢市にある神社。松が岬公園(米沢城址)に位置し、上杉謙信を祀る。旧社格は別格官幣社。

上杉謙信が天正6年(1578年)、越後春日山城で急死した際、遺骸は城内の不識庵に仏式にて祭られたが、次代の上杉景勝が会津を経て慶長6年(1601年)に米沢へ移封されたのに合わせ、謙信の祠堂も米沢に遷された。

以後、米沢城二の丸の法音寺を主席とする十一ヶ寺が交代で祭祀を執り行ってきたが、明治に入ると神仏分離令、廃城令などにより、謙信の遺骸が城内から上杉家廟所に移され、その守護のために法音寺も廟所前に移転した。

旅行・おでかけのランキング 05/23更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ