あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア
  1. 【宮崎県】パワースポット巡りナビ | スピリチュアルスポット紹介
ギャザリーからの重要なお知らせ

更新日 2017/02/11

【宮崎県】パワースポット巡りナビ | スピリチュアルスポット紹介

訪れた人に自分自身を見つめなおすきっかけや人生が良い方向に向かうきっかけを授けてくれるパワースポット。宮崎県に存在するパワースポットを紹介します。パワスポでスピリチュアルなエネルギーを感じてください。

パワースポットとは、聖地・氣場などとも言われ、生命や活動の源となるエネルギーが集中している場所のことであるとされています。
風水などでは龍穴などと言うこともあります。太古の昔より、地球上にはエネルギーの集まる場所があり、人々はそれを敏感に感じ取り、特別な場所としてきました。日本では、多くの神宮や大きな神社・仏閣は、ほぼ確実にエネルギーの高い場所、いわゆるパワースポット上に存在していますパワースポット巡りが神社巡りに近い感じになるのはこの為です。

【宮崎市】江田神社(みそぎ池)

宮崎県宮崎市阿波岐原町字産母127

創建の年代は不明ですが、かなり歴史のある古い神社です。
隣接する阿波岐原森林公園の敷地内には、「みそぎが池」があります。
日本神話に登場する国生みの神、イザナギノミコトが、亡くなったイザナミノミコトを追って行った黄泉の国の穢を祓うために、みそぎを行った場所と伝えられている場所です。

古来からこの地一帯は、「祓詞」に出てくる「日向の橘の小戸の阿波岐原」として伊邪那岐の大神禊祓の霊跡と伝承されている場所であり、その地に建つ神社として最近注目を浴びている神社です。

社殿は意外と小さくて素朴な感じの神社ですが、とても格式のあるエネルギーを感じます。

【宮崎市】青島神社(鬼の洗濯岩)

宮崎県宮崎市青島2丁目13-1

この記事に飽きたら…

青島神社は、宮崎市の南東部海岸付近にある周囲860m、面積約4.4haの島、青島にある神社です。
縁結びの神社として有名で、昭和の時代には新婚旅行のメッカとさえ言われた場所です。
当時はかなりの数の観光客が連日訪れていましたが、現在はブームも去り、平日はゆっくり参拝できます。
古事記ゆかりの古くからの神社ですので、パワーは今でもかなり強いです。

御利益を期待するなら、観光客が少なくなった現在の方がいいかもです。ただし、日曜・祭日は現在でも参拝される方は多いと思います。できたら平日がお勧めです。

青島神社がある青島と対岸の青島海岸は弥生橋という橋で結ばれています。海の中を渡る橋の上ではかなり強い風を受けます。
身体と心の穢れを清めてめていただくつもりで渡ってくださいね。

青島の周囲は、「鬼の洗濯岩」と呼ばれる奇岩に囲まれており、干潮時には岩場を散策できます。
岩の間の潮溜まりに小魚やヤドカリ、カニなどたくさんの小動物を見つけるのも楽しいですよ。ただし、足元が滑りやすいので注意です。

【宮崎市】宮崎神宮

宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1

宮崎神宮(みやざきじんぐう)は、宮崎県宮崎市神宮にある神社である。神日本磐余彦尊(神武天皇)を主祭神とし、父神鸕鷀草葺不合尊と母神玉依姫命の2柱を配祀する。

地元では今でも親しみをこめて「神武さま」と呼ばれる。古くは「神武天皇宮(社)」、「神武天皇御廟」などと称されたが、明治6年(1873年)に「宮崎神社」と改称し、更に同11年「宮崎宮」と改称、大正2年(1913年)に神宮号が許可されて現社名となった。地元では「神武さま」と呼ばれ親しまれている。

社伝によれば、鎮座地は神武天皇が東征以前に宮を営んだ地で、後に九州に下向してきた皇孫の建磐龍命(阿蘇神社の祭神)がその縁に因んで創祀したといい、崇神天皇の時代に初めて社殿が創建され、景行天皇の熊襲征討に際して重ねて造営がなされ、更に応神天皇の時代からは『国造本紀』に載せる日向国造の祖、老男命(おいおのみこと)が祀るようになったと伝える。

【宮崎市】住吉神社

宮崎県宮崎市大字塩路3082

住吉神社は、宮崎県宮崎市大字塩路の神社。住吉三神を祀り、航海安全の神として崇拝される。

宮崎市フェニックス自然動物園に隣接する。

【宮崎市】佐野原聖地(佐野原神社)

旅行・おでかけのランキング 05/23更新

旅行・おでかけのランキングをもっと見る

注目のまとめ